ブラック求人減らない理由!起業で法整備の不安を解消!

最近知人で転職した人がいるのだが、そこが凄い「ブラック企業」だったそうだ。

そう、ブラック求人だ。このところ労働条件に付いてのトラブルが続出しているようだね。

すでにそのブラック企業は辞めたそうだが、仕事の内容も勤務地も募集と全く異なり、おまけに月50時間の残業代も一切つかなかったそうだ。

ひっでぇー会社だぁぁ!!

でもね、こんな会社がたくさんあるのだ。それでもすぐ辞めれば仕事の履歴にキズがつくと我慢して働いている人が多いそうだ。

皆さん、真面目なんですねー。私なら速攻辞めますけどね。^^;;

ブラック求人がなくならない理由と、起業のすすめについて語ることにするよ。

労働条件を書面でもらえ!

プリント

どうして、こういうことが起きているのかと言えば、求人記載での法整備が甘いんだね。

それに加えて、企業も人件費は安く抑えたいのだから、違反ギリギリを狙うはずだ。

たとえば求人条件での項目やひな型などの規定は一切ない。

企業側が自由に記載できるから、会社の都合の良い条件を盛り込めるんだ。

だから、ブラック求人がなくならないんだ。この辺もすべての求人内容って、一つの基準で記載されなければ比較のしようがない。

企業側は、いくらでも求人条件を自由な表現で書けるために求職者を欺けるわけだ。

悪質なのは求人の際の「あいまいな」記載だ。月35万円(特別勤労手当含む)とか書かれている求人をよく見ないだろうか?

特別勤労手当とは何か?本給はいくらか?特別勤労手当とは残業の事?いくら働けば月35万円になるの?謎だらけ・・・。

そこで、あいまいな記載に関しては、ぜひ働く前に事前に会社に「労働条件」を書面でもらうことをおススメする。

入社したら、求人の条件と全然違う!!

こう後悔しても、後の祭りだからだ。

労働条件を書面でもらうことは、法律で定められているので、それを書面で渡そうとしない会社は危ないし辞めたほうが良い。

起業して雇われない人生っていいぞ!

success

このような状況で、サラリーマンでい続ける限り、会社に良いように扱われる人生が続くわけです。

その状況から逃れて、自由を獲得するには「自分で稼ぐ起業」を軌道に乗せる事!

そうじゃないと、「あー、不景気だ!カネがない!時間がない!」などとあたふた騒ぐだけ。

多くの世間の人たちは、そうやって騒いで時代のせい、政治家のせい、他人の責任にしてしまうのだ。

でもね、景気が少し良くなったって、あなたや私に社会がお金をくれるのかい?

あなたは、景気さえ良くなれば幸せになれるのであろうか?

結局は、自分の境遇を誰かのせいにしたり、自分の人生を会社のせいにするような「消費者・雇用される側の思考」が問題なのだ。

「雇われる側の思考」のままでは、あなたに自由な明るい人生は来ない!

あなたが今後インターネットビジネスを通して、自分で稼ぐ「起業」への道を目指すのなら、企業から給料をもらう「雇われ人」ではなく、自分のビジネスを行わなければならない。

当然何もしなければ、さぼった分収入は減るというシビアな世界だ。

その代わり、稼ぐための仕組みを築けば、収入は青天井!!

自分自身の人生の幸せは、自分の責任で生み出していけるのだ。

それが「起業」ということなんだ。その意識を常に持ちながらビジネスに取り組むことが重要。

それが、どんなノウハウを実践するより、最も大切な「マインド」なんだわ。

だってさ、自分を助けるのは自分自身でしょ?自分を守るのも自分自身・・・!

そのことを必ずあなたの頭の中に叩き込んでおいてくださいね。

 

不労所得で好きなことをしたい人のパスポート!

 

 




シェアしてくださると、小躍りしちゃいます!