年金納付は義務?助け合い欠如にみる不幸な出来事!

おこんにちはー。明るい社会を祈り続けているが、最近はますますサラリーマンが賃上げならぬ、賃下げに苦しみ、食品の値上げや金融市場の不安定さから、様々な産業が痛手を負う世の中。

さらに近年の頻発する自然災害で、ジャガイモが採れなくなったり、鮭が流れてくる流木の妨げになり、水揚げが通常の一割以下に落ち込んでいる状況。。。

私たちの生活に必要なものが、ドンドン値上げされているのだ。

そんな厳しい状況の中、さらには少ない収入の中から国が税金をむしり取るってさ。

「年金納付は国民の義務」という大義名分を旗印に、容赦なく徴収!

厚労省と日本年金機構は国民年金保険料の強制徴収の対象を広げるらしい。

現在は年間所得350万円以上の滞納者に強制徴収を行っているが、2017年度から、その枠を300万円以上にする。

年間300万円といえば、月給にして25万円前後にボーナスと言う感じの、正社員サラリーマンの多くが該当するところではないかな。

現状は納付率60%程度で低迷、保険料の滞納に厳しく対処して納付率の向上を狙うらしいけど・・・。

納付率が上がらないのは保険料払っても、その先が不透明だから!

いわゆるシステムが悪いからだ。透明性が高く、何年後・何十年後にこうなるという明確な保証がないどころか、おそらく人口減少で「支払うだけ」のお布施税になっているんだからね。

今後の少子高齢化時代に即したシステムを再考すべきじゃない?

今回は国民年金にみるように本来の「助け合い」欠如の結果、起きる不幸な出来事に絞って書いてみるよ。

他人へのかかわりを極度に恐れる社会

heart

あまりいい話がないのか、あってもマスコミが取りあげないのか分からないが、社会が多少形骸化してると感じている。社会って元々は助け合いで成り立っていたはず。

今では助け合いを忘れてしまった感まである。最近では皮肉にも各地で不幸な大地震が頻発した結果、人との助け合いの重要性に気がつく人たちが増えている。

でも、首都圏をはじめ災害を直接受けていない人たちには、まだまだピンと来ていない。私のマンションにも人に挨拶すら出来ない人たちはいる。

そんな中での、国民年金保険の強制徴収の話。たしかにこの制度も元々は「助け合い」の精神から生まれたものだろうが、もう少し「やり方」がないのだろうか?

最も腹立たしいのは、税金の使われ方だ。国民年金はまだ目的がはっきりしているが、最近も多く発覚されている政治家や役人のカネ絡みの不祥事。多くの税金が無駄に使われている。

こんな現状では、税金など納めたくもなくなるよねー。

国はまずこのような「無駄使い」にメスを入れ、それでも足りない部分を国民に補てんしてもらう方向でないと、真の助け合いにならない。

国といえども、国民からそっぽを向かれたら成り立たない。

国民が互いに助け合って国を形成しているのであって、どこぞの権力者が独裁で国民をひれ伏しているわけじゃないのだから。

今では、弱い者いじめや他人への無関心が広がり、隣で殺人事件が起きても気づかない。隣人が孤独死をしていても気づかない。こんなひどい社会になりつつある・・・。

もはや、他人って「なにか得体のしれない宇宙人」のような感覚まであるのだろうか?

他人だって、あなたと同じ血が流れている生身の人間なんだぜー。

自分しか信じられない世の中って悲しいよね。

最近では、家族で殺し合う事件も激増しているが、他人とのかかわりに何かの問題を抱えている人たちが多いのは事実のようだ。

人と人とが連帯するから面白い!

people

現代は孤立や他人との関わり合いを避ける人も増えているようだ。でもね、それを避けている間は大きな夢の達成や、人生でのやりがいや充実感も感じることは出来ない。

人間は独りでは生きていけないものだから。

でもさー、私なんてちっぽけな人間。たいそうなことは出来んよ。

あなたは、そう心で思ったかもしれないけどねー。そりゃ、一人の人間には限界がある。

確かに個人だけで、でっかい夢を実現させるのは大変だろう。でもね、個々に人が連帯して力を合わせるなら、相当大きなことが出来るんだ。

それをビジネスの流通方法で利用して具体的に形にしているのが、ネットワークビジネスと言える。

なので、それなりの組織とかグループを作り上げると、普通の会社では到底もらえないくらいの収入になるわけだ。

今後は自分で稼ぐ術を身につける時代!

IMG_2

あなたは今、サラリーマンかな?実は専業主婦などが扶養控除ギリギリで生活の足しになればと働いているアルバイトの現場でも、さらに収入を落とさざるを得ない状況なんだ。

実は、企業ではアルバイトを雇う場合、雇用保険に入ってもらうことは知ってるよね?

そのアルバイトが1週間で20時間以上で、かつ一ヶ月あたりの給与が88000円以上になれば、現在は厚生年金や健康保険に加入義務がある。

これらは企業側が全額負担になるので、会社はそれらを支払わなくて済むように1週間20時間以内、一ヶ月給与を88000円以下の範囲でアルバイトを雇い入れようとする。

月に88000円以内だから、最大でも1年の総収入が105万6千円未満だ。

つまり、外でバイトしても、せいぜい月に10万未満の稼ぎしかできないことに・・・!

外で働くと言っても、収入の限度がますます低くなる傾向にあるんだ。

だったら、外で働くんじゃなしに、家で働けばいいのだ。

はぁ?家で働くって? 私は自営業じゃないんですが?? あなたはそう思ったかい?

121267

パソコンを使って、家で働くんですよ!!

pc2

国や会社が当てにならないなら、自分で何とかするしかないでしょ?

これからは、自分で稼ぐ術を身につける時代なんだ。

今後MLMで多くの人たちと助け合って、大きな流通組織を作って、みんなで多くの利益を上げて分配する時代がやって来る!

でも、多くのネットワークビジネスのグループや会社があるよね?

実際にインターネットでも多くの会社が、ネットワークビジネスを広げようとしている。

でもね、ココで気をつけて欲しいことがあるんだ!

・コピペだけでOK

・あなたは何もしなくて良いんです

・自動でメンバーを構築します

こんな宣伝で勧誘しているネットワークビジネスは、ほぼトップだけしか儲かりませんし、組織的に短命ですから気をつけて。

第一、個々のメンバーに稼ぐ力や術が何も身につかないどころか、末端メンバーは使い捨てになる可能性が大きいから。

だって、メンバーは作業員で、自分からは何もできないわけだからね。

来る日も来る日も、同じ作業の繰り返し。。。

stop

ビジネスの基本は、自分の頭で考える事。コレなしでグループの言う通りに動くだけじゃ、いずれ終わりが来るのは必定でしょ。

末端は、甘い言葉で誘われて新陳代謝を繰り返す。辞めても、また新しい人が入るという繰り返しでグループには支障がない。

結局、不動の位置に君臨するトップメンバーたちだけが稼ぎ続けるのだ。

甘い言葉の裏には、かならず大きな利益を独占する仕組みが存在するわけ。

正直、楽して稼げるビジネスがあると思う思考が危険!

だから、私たちは各自がいろいろな稼ぐ実力を組織内で教え合うことによって、組織をより強固で相互の信頼関係が備わった立派な流通組織をコツコツと作っているんだ。

つまり、トップに頼らずに個々の組織運営や構築が出来るようになるから、ある程度になれば自主的な運営ができるんだ。

従って、専門分野を一個人に任せることなく、個々のメンバーがそれぞれ「リーダー」になって運営するスタイルが実現するわけだ。

一部に特化した専門分野の人がいる組織は楽かもしれないが、もしその人間が抜けたら、また代わりを見つけないといけなくなる。

それなら、みんなが何でもできるように育成し合うほうが、長い目で見れば有利なのは一目瞭然。

 

私たちは、甘い言葉で誘いません。その代わり、ネットで稼ぐあらゆる手法を身につけてもらうためのノウハウの提供や、新しい集客情報の提供を絶えず惜しまずにメンバーに送り続けている。

そこらへんの高額塾で教える以上の「ネットで稼ぐノウハウ」を無償で全力注入している。

メンバーのレベルアップこそが、組織の収益拡大につながることを知っているからね。

今こそ、自分で稼ぐ術が必要だと気がついた人だけ、クリックしてみて!

     ↓    ↓    ↓

インターネットで完全に完結するMLM!

 




シェアしてくださると、小躍りしちゃいます!