交流会をビジネスチャンスにつなげるポイントを大公開!

こんにちは。週末はいろいろな交流会やセミナーで、ビジネス拡大を目指しているヒビちゃんです。

交流会やセミナーに参加すると、お友達が増える。でも、その場を自分のビジネスチャンスにするためには?

そう、ポイントがあるんだ!

では、いったい交流会でどのようにビジネスの機会を増やせばいいのだろうか?私が行っているアプローチが参考になれば嬉しいな。

これまでのあなたの交流会は?

hibi-chan

まずは、ポイントの前にこれまでの多くの人が陥りがちになっているパターンはこうじゃないだろうか?

とにかくいろいろな人に名刺を配っているものの、帰宅すれば忘れてしまう。もう名刺の人がどういう人だったのかも覚えていない。

名刺交換した人とのつながりはほとんどなく、全く自分のビジネスチャンスにもならず – – – – – – – 終了 – – – – – – -。

まあ、たいていの方はこのような事を繰り返しているわけだ。

これでは、交流会やセミナーにいくら参加していても、名刺がなくなるだけで意味がないよね。

だから、もうこんな参加の仕方はしないぞと腹を決めよう。

そして、交流会には「仕事をするため」に参加するのだと考えを改めよう。

自分が交流会で働いてネットワークを広げよう!

pp

では、どうやって「働けばいいのか」順を追って語っていくね。

1.第一印象は大事!

まずは参加する態度だが、笑顔が良い。第一印象でしかめっ面や難しい顔をしていては誰も寄ってこないから。

さらには目立つことだ。これは服装でも良いし、言動でも良い。

たとえば洋服の色を目立つ黄色、白色、といった原色系の明るい色だけで目立つ。

言動も積極的に話しかける、質問をするという態度が目立つ存在につながる。

ただ、気をつけて欲しいのは、いくら目立ちたいからといっても奇声を発したり、怪しげな動きをするのは逆効果だ。

笑顔で人当たりを良くするだけで、感じの良さは伝わるものだ。

私は自由人というアピールをしたいので、あまりフォーマルなスーツなどは着ないが、スーツは誰でも真面目にみられるので、服装としては無難だろう。

私はそういう場では、少し明るめの黄色系の軽装で参加している。まさに「自由人」って感じで。^^

2.キーマンは中心人物

交流会に行ったら、まず行ってほしいのは、中心人物に礼儀正しく挨拶をしておくこと。

その交流会での中心人物はキーマンであり、誰にとっても馴染みがあり、みなから好かれ、信頼も厚い。

マンツーマンで話せる機会があれば、必ずしっかりと挨拶を行っておくことは重要だ。

たいていの交流会では参加者はいくつかのグループが出来ている場合が多い。それぞれのグループにはそれぞれ仕切るリーダーがいて、その人が話せばみながそちらに視線を向け、その人が笑えば皆も笑う。

そのようなリーダーをチェックしておいて、後でマンツーマンになれた時に声をかけていこう。

そこで、どういう話をするかと言うと「あなたのお仕事では、どんな人が見込み客になるのですか?ご紹介できる人がいるかもしれないので、特徴を教えてくださいますか?」

こんな質問は相手を喜ばせ、ビジネスチャンスの糸口をつける話題として大いに使えるんだ。効き目のある質問だ。

すかさず、その時に相手から名刺をもらっておこう。

コレが大事なのだ。こちらの名刺を渡すのは、相手から名刺をもらうための手段だと思えば良い。

ここまで終わったら、次のキーマンに同じように行っていくのだ。

そして、そのまま別れてしまえばあまり印象には残らないので、もうひと押しをしておく。

それは、その後の懇親会にでも、再度名前で声をかけるのだ。

「どうも、○○さん、楽しんでいらっしゃいますか?」偶然を装って声をかけておけば、そこでも話が出来る。

ここまでしておけば、もうあなたの事は相手は忘れない!

qu

3.キーマン同士をあなたが引き合わせる

こうしておけば、あなたは少なくとも数名の有望なキーマンと知り合えたわけだ。

そこで、今度はこの人たち同士を引き合わせるのだ。

そのような影響力のあるリーダー同士を引き合わせれば、彼らも大きなメリットが生じる。

引き合わせたあなたには、とても感謝してくれる。まさにWIN-WINの関係が築けるのだ。

 

まとめ

笑顔で服装や言動で目立つこと。

リーダーを探し出し、マンツーマンで話をする。

自分のビジネスは語らず、相手のビジネスを聞き出し、見込み客を聞き出す。

それぞれのリーダー同士を引き合わせる。

 

やはり、相手が喜ぶような「仕事」をあなたが行う事で感謝されるのだ。

そうすれば相手は今度はあなたに何か恩返ししたくなるもの。

先にメリットを与えておけば、あなたは後から報いが来るものなんだ。

 

自分が頑張ることで、みながハッピーになる在宅ビジネス!

 

 




シェアしてくださると、小躍りしちゃいます!