1万歩は健康維持の効果なし?!驚愕の新事実とは?

最近は、自分や家族の健康に関心を持つ人が増えてきている。やはり高齢者の人口が増えて、健康のありがたさが注目されてきているからだろう。

テレビでも、今やペットとグルメ、そして健康は「高視聴率の御三家」と言われるくらい、どのテレビ局でも大人気である。

うちのカミさんも、毎日そのような番組を好んで見ているようだ。(笑)

健康維持で大切なことは、栄養、睡眠、そして運動と言われている。あなたもそれには異論はないだろう。

中でも、現代人がなかなか難しいのがこの「運動」ではないだろうか。

私も以前は在宅で仕事のために肥満気味だったが、「これではいかん!」と週末はインプットも兼ねてセミナーや交流会などに積極的に出かけているし、平日も積極的に体を動かしている。

主夫という立場上、掃除・洗濯・炊事はもちろん、買い物などにもこまめに出歩いている。

天気の良い時には布団干しも行っているし、ふろ掃除やトイレ掃除も行っているので、けっこうな運動量かも。

ほとんど主婦業である。そう、私は自由人の主夫だった!(笑)^^

歩くことが「健康維持」につながるというのは本当か?

walking

あなたや私があまり意識せずに運動できるとすれば、「歩くこと」ではないだろうか。

もっとも手軽で、道具も要らず歩けばいいのだ。現在私も「散歩」を日課にしているが、運動は気持ちが良いし、健康に絶対良いと思っていた。

その中でも、「1万歩」があたかも健康維持のバロメーターのように言われていたので、毎日これを基準に頑張っていた・・・。

ところが・・・!

健康維持に必要な歩数は1万歩じゃなかった!

だってさ、今までいろいろな本やメディアで、言われていた代表的な目安って「毎日1万歩を歩けば健康になる」というものじゃなかった?

えぇ?違うのぉー??

ee

残念ながら、これは正確ではないようなんだ。

これは、かつて健康スローガンとして掲げられた「1日1万歩以上歩こう」が、世の中に広まったせい。

「毎日1万歩以上、歩いてさえいればOK」という誤った認識が広まってしまった。

そして、「歩けば歩くほど健康になる」という考えに拡大解釈されたのだ。

ヒビちゃんも最近までこの「言葉」を信じ、スマホのアプリ歩数計を見ながら、毎日1万歩を目指していた。

そして、さらに出来ればもっと歩数を伸ばそうと・・・、

2万歩、いや、2万歩よりも3万歩だぁぁぁ!!

hibi_anger

そんな勢いで、一歩でも歩数を伸ばそうと頑張っていたんだ。

あなたも歩数を伸ばそうと頑張ってはいなかっただろうか?

現在の解釈では、健康維持は「ほどほど」が良いそうだ。

じゃあ、どのくらいが「ほどほど」なわけ?

unnzari

歩数ならば毎日8000歩程度。歩くときは会話が何とかできるくらいの速さで歩くのが良いそうだ。

何事も偏らずほどほどが良いようだ。まあ、そう言われてみれば、きちんきちんと厳格で神経質な人ほど、晩年にうつ病や認知症になる確率が多いみたいだ。

何事もゆるーく、ある意味いい加減に「自分を甘えさせる」ことも必要なのかもしれない。

栄養にしても、きっちり「こうしなければいけない」と決めるよりも、ほどほどにバランスを摂って楽しく食べる。

いくら体に良いものでも、それだけを過度に摂りすぎては、かえって健康を損なう。

運動もそうらしい。ハードすぎる運動は足腰を痛めるし、健康にも悪いそうだ。

そういえば、近所の人がマラソンに出るからって、毎日頑張って走り込みをしていたが、頑張りすぎて怪我をして大会どころか、走れなくなっちゃったからね。。。

そこそこいい加減なライフスタイルが、健康の元かもしれない。

頑張りすぎない人生って健康ライフ!

ase

無理せず、運動もほどほど適度に行うと、健康維持になるそうだ。毎日コツコツ行うことが良いそうだ。

人生やビジネスも同じなんだね。ハードにやりすぎると燃え尽きてしまう。コツコツいい加減なペースを作りながら、毎日継続するっていうことが重要なんだ。

楽しみながら、自分で「どうやれば楽しめるか?「どうやればもっと成果を出せるか?」

そんな事を考えながら行うと、私は自然と楽しんで出来る。

あなたも是非「楽しむには、どうすれば良いのか?」

こういう視点を持って取り組むと良いと思うよ。でも、ほどほど息抜きだって必要だ。

来週は、久々にオフ会もあるので、今から楽しみだわー。(^▽^)/

人生もビジネスも工夫次第で楽しめる!

 

仲間が出来るこんなビジネスはどうだろう?

 

 




シェアしてくださると、小躍りしちゃいます!