貧困が広がる社会!職探しより稼ぐ力を身につけたら?

最近「貧困」というフレーズを、ニュースやいろいろなメディアで見聞きする機会が増えていると感じるヒビちゃんです。

この「貧困」という実態をいろいろなところで見るようになった現在は、すでに「1億総中流時代」だった昭和40年代の高度成長時代とは違い、「格差社会」が確実に進行している。

今や未成年のホームレスや、ネットカフェで寝泊まりする若者が大勢存在する時代。

また、勤める場所が見つからずストレスをためる人たち。

お金が出せず、学校に行けない子供たちも相当数いる。

そこで、今回は物質的な「貧困」だけではなく、精神的な「貧困」についても語っていくことにするよ。

あなたにとって「貧困」問題は切実ですか?それとも・・・。

2つの「貧困」は病んだ社会に存在する

sick

一口に「貧困」と言っても、すべてがお金がないといった物質的な「貧困」だけではなく、心が満たされていないといった精神的な「貧困」も広がっていると思う。

経済的には豊かなのに、人づきあいがうまく出来ないとか、自分の殻に閉じこもってしまう。そのような人たちも増えてきている。

以前であれば、人が介入して助け合っていかなければ生活すらままならなかった時代だった。

だから、私も子どものころから、親を通して家族だけでなく近所付き合いの姿を見てきて育った。

昔は近所との結びつきが強く、おかずの交換や「お茶のみ」など主婦同士の慣例だった。私はそのような近所付き合いを見てきたんだ。

いろいろな人が互いに助け合う大人の姿を通じて、社会に適合出来る大人に成長してきたような気がする。

ところが、現在はほとんど直接人と関わらなくても生きていける世の中になった。食品もコンビニに行けば手に入る。

いや、食品でさえもネットから購入すれば、直接自宅に届く世の中だから、人付き合いの「スキル」なんて全然なくても生きていける社会なんだ。

だから、最近では隣に誰が住んでいるのかも分からない時代になっているのではないだろうか?

一方ではSNSなどで人とのつながりを渇望していながら、隣に住む「隣人」には興味がないというアンバランスで矛盾だらけの時代。

でもさ、コレって理想の社会なの??

jishinn

以前の生活からは、信じられないくらい便利にはなった。

たとえば以前は外出先から連絡を取るには、公衆電話を利用しなければならなかった。

でも、今はポケットからスマホを取り出せば、すぐに連絡が取れる。

技術は進んで便利になっているが、人の心はグレードダウンしていないだろうか?

たとえば、学校で問題の「モンスターペアレンツ」、人にあいさつの出来ない大人たち、以前は格段に少なかった気がする。

以前は当たり前に持っていた道徳観や礼儀がドンドン薄れている気がする。

自分勝手、わがままを通そうとする人が増えている。

何か殺伐とした、余裕のない社会になってはいないだろうか?

グッドコミュニケーションが社会を変える

two

社会と言っても、それは結局私たち一人ひとりの集合体なんだ。

良い社会にするには構成元である私たちが心をグレードアップするしかない。

それには、目の前に一杯問題を抱えて余裕がない状態では無理だ。まずは自分の生き方を自由化させよう。

自分が時間やお金を自由にコントロールすることが出来れば、他人への付き合いにも余裕が出来るはずだ。

会社や時間に縛られず、自由人として生活!

freedom

これこそが、あなたにとっての理想の人生を達成できるのでは?

また、このような自由な人たちを増やしていく事が、余裕のあるよりよい良い社会を作る事にはならないか?

精神が安定して、良い人間関係が作れるようになれば、あとは稼ぐ力を身につけるだけで自活の道が広がるのだ。

私はビジネスとして「稼ぐ力」を身につけながら、時間の制約を少しずつなくしていくビジネスを展開している。

「貧困」の根っこにある問題は、「稼ぐ力」を身につけていないことにある。

253608

「稼ぐ力」がないから、雇い主を探さねばならず、不況や雇用関係にふりまわされてしまう。

結局長時間の拘束、労働内容に見合わない低い賃金に甘んじてしまう・・・。

これでは、「貧困」状態から一生脱出することなんて出来ないんだ。

だから、空いている時間で「稼ぐ力」を身につけることが出来る副業を考えるべき。

「稼ぐ力」を身につけて、人との良い関係を築けるスキルを養えれば、あなたは完全な自由人だ!

でも、そんな都合のいいビジネスなんてあるのか?

下記のビジネスなら、人間力を高めながら時間と経済の自由を得ていけると思うよ。

 

支え合う良い社会の実現に、このビジネスが貢献!

 

 




シェアしてくださると、小躍りしちゃいます!