来年こそ・・・って言ってない?それじゃ来年も同じになるぜ!

年末になると、なぜに多くの人は今年を振り返って落ち込むんだろうね。

今年を悔いなく過ごしていれば、反省なんてないと思うんだけどね。

「ああすればよかった」

「こうすればよかった」

・・・などという反省をしている人が多いようだ。

そして、新しい年を迎えるタイミングに

「来年こそは・・・!」

なんて毎年繰り返し決意している。。。

これじゃ、また来年の今頃はまたまた「来年こそ・・・」ってなるんでない?

来年は「来年こそ」ではなく「来年もますます!」ってなるためのポイントについて語ろうと思う。

どうして「悔い」が残るのか?

自分自身の中で、燃焼し尽くしていないと「悔い」が残るもの。

また、決断できなかったとか、やりたいことをやらなかった時にも「悔い」「後悔」の念は残るようだ。

あなたはやりたいことに精一杯チャレンジした?

それとも、いろいろな言い訳を言って、やりたいことにチャレンジできなかったかな?

結構後者だったという人が多かったのではないだろうか。

だって、やりたいことに大いにチャレンジするには「思い切り」もいる。そして「リスク」だってあったかも知れない。

さらには、周りの目というものも意識したかもしれない。

自分が「やろう!」と思う事を実践し続ける時には、様々な障害が起きてくるのが常だから。

でも、それを潜り抜けてやりたいことを精一杯行ってきた人に「後悔」の念など、みじんも沸き上がらない。

いや~ぁ、今年もオレは精一杯燃焼できた!

また来年もチャレンジしよう!

こんな感じで、さらなる高みにチャレンジする機運にあふれていることだろう。

では、来年悔いの残らないあなたになるために、一体何が必要なのか?

悔いのない1年を送るために必要なもの!

それはシンプルだ、「本当にそれが欲しい」と強く思えばリスクや障害などは吹っ飛ばせるんだ。

それまで後悔の念の連続だった人には、心の底から「それを成し遂げたい!」という思いが薄く曖昧だったわけだ。

ただ、何となくでは達成できるものも、達成できることはない!

いま、あなたに必要なのは、来年心の底から達成したい具体的な内容を思い浮かべることだ。

そして、それを強く自分自身の心に刻み付けるには、それが達成できた時の自分の感情をリアルに思い浮かべてみることだ。

たとえば1年の半分は、南国ハワイに滞在して日本に戻って来る。そんな優雅なライフスタイルが欲しいなら、よりリアルに想像するツールを使えば良いんだ。

ネットでこんな動画を探してきて、目に焼き付けても良いではないか。きっとワクワクするはずだ。

その素晴らしさ、エキサイティングな感情を「絶対に欲しい!(ヽ゚д゚)」と思って、それを実践するためのエネルギーに変えることだ。

そうすれば、雑念や弱い心、さらにはたくさんある言いわけや弱音、良く分からない不安感から、あなたを救い出してくれる。

そして、あなたが向かうべき道を迷わずに進めていけるのだ。

そうすれば1年終えるころには、あなたにとって満足のいく「手ごたえのある何らかの結果」を残せるはずだ。

それが達成できれば、それを毎年積み重ねることで、あなたの「絶対に成し遂げたい」ものが手に入るはずだ。

 

私の成し遂げたい夢は、コレで達成させます!

 

 




シェアしてくださると、小躍りしちゃいます!