起業するあなた、売り上げる前に先行投資してない??

会社通いも疲れた、自分の夢がかなえられないと、いま「起業」していろいろなビジネスに取り組んでいる人たちが増えている。

とは言っても、なかなか思い通りにいかず、また復職や転職をしたり、バイトをする羽目になる人もいる。

うまくいく人と、うまくいかない人の違いってなんだ?

うまくいく人は、最初は売り上げが出てくるまではお金を極力出さないのだ。

逆に失敗する人は、お金(収益)が入ってくる前に、ジャンジャンお金を使う人が多い。

「先行投資?起業するなら当然でしょ?」そういう考え方はとても危険なんだ!

特に起業が初めての場合、会社を簡単に辞めてしまって先行投資に全財産を投じてしまう人が多い。

きちんと売り上げが立つまではね、形から入ってしまうのはやばいんだ。

FC(フランチャイズ)はリスクが高い!

nayami

こんなこと書くと、FCを運営する関係者から怒られそうだが、多くのFC本部はフランチャイズに加盟する起業者から多額の加盟金を取る。

これには看板料のロイヤルティーや契約金、保証金、申込金などいろいろな項目があって、結果的に高額なお金が必要になる。

何も売るべき商品を持っていないから、それを提供してもらい、手っ取り早く商売ができる準備金のようなものだ。

サラリーマンを定年退職あるいは途中でやめて、フランチャイズに加盟して独立しようとする人たちは多い。

でもね、売る商品がないからって、FC加盟にすぐ飛びつくのはとっても危険なこと。

特に資金力のない人にとって、これは自殺行為!

なかでも店舗運営では、商売を始めてからかかるランニングコストが多額だからだ。

少なくとも売り上げがゼロでも、店舗運営が3か月は切り盛りできる運転資金は残しておくべきだ。

そうでないと、コンビニなどでは加盟で多額のお金を支払うので、店舗を営業するための人件費を節約するために、オーナーがフル回転で働く羽目になる。

理想は バイトに任せて、自分は楽々店舗運営・・・というところだろうが、それはお店の利益を安定させてからのことだろうね。

最初は会社と掛け持ちでOK

kimisaiyou

販売する商品が決まっていないなら、それを提供できるビジネスを!

最初に多額の資金をかけるのは、リスクが高すぎる。

会社をやめてまで独立しても、やっていけなければまたサラリーマンに逆戻り。

そういう悲劇だけは避けたいもの。であれば、少額から素晴らしい商品を扱えるフリーのバイヤーとして独立する道がある。

私は現在アメリカの会社と個人契約でフリーランス契約を結び、フリーのバイヤーとしてインターネットで活動している。

別に利益を上げるのに店舗も使わず、出張も不要で自宅で継続した不労所得まで得られる。

余計な経費はほとんど要らない!

そう、これは私の行っている不労所得ビジネスになるのだ。先行投資は自分が必要な分だけの定期購読だけ。

毎月2万円以下という小資金だけで、いつまでも大きな財産を作ることが出来るんだ。

考えてみたら、すぐに会社を辞めるわけでなし、生活を変えずに徐々に報酬を伸ばしていき、会社でもらう給料以上の金額になったら自由人になれば良いのだ。

どうだろう、これならかなり垣根は低くなったはずだ。

何かと多額なお金が必要なビジネスが多い中、本当に自分の夢が叶うのなら試す価値はあると思うよ。

あとは、やるか、やらないのか?こればっかりは行動しなければダメなんだよね。

起業したなら、フラフラせずに結果を出してみろ!

kuchiwohenojinisuruwebd

あなたが決意した「起業」を見つけ、せっかくチャレンジしても、ものの数か月でリタイアする人がいる。

そういう人は何をやってもうまくいかない。まずはうまくいかない理由を山ほど語るのだ。

商品が売れない。システムが悪い。アレが悪い、コレが悪い。。。

いつまでも言ってなよー!!

そう思ってしまう。そのビジネスに致命的な欠陥があるのならやめるべきだが、それで成功している人がいるのなら、あなたが成功できないはずがない!

そう言っている人に限って、いろいろなビジネスに手を出しては、フラフラしていて全てが中途半端になっている。

出来ない理由を考えるなら、どうやれば結果を出せるか考えてみなよ!

honnto

そして、石の上にも3年というくらいだ。3年精一杯頑張ってみたら?何かきっと成果が出るはずだ。

 

信じてコツコツやって、つかめる自由な世界!

 

 




シェアしてくださると、小躍りしちゃいます!