成功できない7つのNGワードを使っていない?ダメこれ絶対!!

インターネットでビジネスを展開してかれこれ10年余り。

今の不労所得ビジネスを、インターネットで展開して4年経過したヒビちゃんです。

この間に実に多くの方と出会い、どういう人たちが成功して、どういう人が失敗するのかをつぶさに見て来た。

これからインターネットビジネス、いやリアルでビジネスに取り組む人も含めて、実はこの言葉言ってしまったら成功できないなというNGワードがあるんだ。

口癖がその人の人生を形作っていると言っても過言じゃない。

ちょっと、まとめてみたので、あなたはこのような言葉を使っていないかどうかチェックしてみたら?

これら7つの言葉はNG!その理由を語ろう!

amazing

1.「どうせ私には・・・出来ないよ。」

この言葉は、自分自身を下げてしまいます。セルフイメージが上がらず「どうせ私なんか・・・」などと自己卑下してしまうんだ。

この言葉を使うことで、成功できない自分自身をつくり続けていることになるので、絶対やめようね。

2.「あの人は私とは違うから・・・」

成功している他人の姿を見て、所詮あの人みたいに才能がないとか、環境が違うとか、しまいには頭の構造が違うとかなど、自分が出来ない理由だけを考えてしまう。

もちろん人間はそれぞれ違っているだろう。でもね、たいした努力もせずに自分には出来ないという思考回路だと、そもそもチャレンジしない人生になってしまうんだ。

同じ人間で「出来ないことはない!」という気持ちを初めから全面否定しているこの言葉って、成功の原因を摘んでしまっている。

3.「なんかいいことないかな~」

ayashii

宝くじの1等に当選するとか、偶然大富豪の玉の輿に乗るなど、他力本願の成功を夢見ているだけじゃ、絶対にダメ。

所詮それだけでみな成功できるのなら、努力する人はいなくなるだろうね。世の中はそうは作られていない。

良いことは自分で働きかけ、自ら引き寄せるものだ!

gattu

自分で何も努力せず、ただ天から幸運が降ってくるのを待っているだけでは、幸運の女神は決して微笑まない。

4.「忙しい、忙しい」

「忙しい」を連発していると、それが事実かどうかは別にして、いろいろなチャンスに遭遇する確率がなくなってしまう。

自分だけで出会える情報や人なんてわずかなもの。

幸運やビジネスチャンスって、案外他人から運ばれてくる場合が多い!

それを「忙しい」と遮断してしまえば、良い話はなかなか他人から持ち込むことがなくなる。

コレって、自ら様々なチャンスを逃していて、大きな成功につながる可能性をも逃しているんだ。

時間は1年365日、1日24時間、みな平等!

times

忙しい中でも上手に時間を作り、仕事や人付き合いをしている人はたくさんいる。

忙しいアピールって、その人の能力のなさをアピールしているようなものだと理解しよう。

5.「失敗したら・・・どうしよう」

誰しも失敗を恐れるもの。みな成功したいと思っている。

でもね、失敗したくないから何もしないというのでは、成功をつかみ取ることは絶対に出来ない。

多くの成功者たちは、失敗や挫折から必ず成功へのヒントを得ているんだ。

だから、必要以上に失敗を恐れず、まずは行動を起こそうぜ。

6.「自分には向いていないんだ」

いきなり「・・・は自分には向いていないんだ」という言葉を発していると、その時点で、それにチャレンジすることを否定するので、物事を粘り強く成功させることは出来なくなる。

こうやって「向いてない」と決めつけてしまうのは、成功への可能性をすべてつぶしてしまうんだ。

7.「今はまだそのタイミングじゃない」

no

この言葉を使う事で、ビジネスでも、ダイエットでも取りかかるの時期が大きく遅れてしまう。

そもそもビジネスなんて、実践しながら成功するように検証、改善していくものだ。タイミングもクソもない!

じゃあ、あんたのタイミングっていつなんだよ!!

早く取り組めば、もっと大きなチャンスがある場合が多い。早ければ早いほど目標達成の日が近づくはず。

 

 

不労所得を獲得するのも、早ければ早いほど良いです!

 

 




シェアしてくださると、小躍りしちゃいます!