勧誘で嫌われる人、好かれる人!熱心さとしつこさは紙一重!

こんにちは。ネットワークビジネスの勧誘で、また残念な人たちがやらかしてニュースになっているようですね。他人ごとじゃないと感じるヒビちゃんです。

ニュースをご存知ない方のために内容を伝えておくと、自分の使っている製品を「1か月間飲み続けると、どんな病気もよくなる」などウソの説明を行いサプリメントや飲料水を販売していたということらしい。

消費者庁は、このマルチ商法を行っている東京の会社に対し、特定商取引法に基づいて9か月間、新たな勧誘業務の停止を命じる処分を行ったそうだ。

9ヶ月新規の勧誘できないのかー。厳しいよねー。

でも、これってさ、本当に相手に嫌われる勧誘をしたんだと思う。

そのような人たちがクレームや相談を消費生活センターに訴え、その多大な訴えで、その所轄の官庁である消費者庁が動いたのだろう。

国が動いたのだから、相当な量のクレームがあったことは確かなようだ。なにかにつけ国は腰が重い。

そこで、今回は勧誘しても嫌われる人、好かれる人がいるのだが、そのポイントは何か?その点を語るよ。

クレームの元は、多くは対話不足や感情のもつれ

uu

一歩間違えれば、今回のような行政処分まで科される結果になる勧誘行為だが、同じ勧誘でも「しつこいな~ぁ」と思われる人と、「熱心だね~ぇ」と思われる人がいる。

あなたはこの差はどこにあると思う?

それは、前者は「自分の報酬のため」に勧誘している人で、後者は「相手の人生を変えるため」に勧誘する人だ。

つまりは、お金が欲しくて欲だけで行動するか、相手の幸せを祈って行動するかだ。

やはり、態度や話し方などで、「この人は何を目的に勧誘しているのか」がビビッと感じるものだ。

おそらく今回の事件で内部の人たちは「熱心なあまり、オーバートークすぎた」などとかばうかもしれないね。

でもね、私利私欲が強すぎなかったのか?この部分を確認する必要があるだろうね。

間違いなく、勧誘された相手には「熱心」とは受け取られずに、「悪意」「嫌悪」という感情が湧いたのだからね。

勢いや自分が心底信じているからって、同じ温度でお誘いされても迷惑だったのかもしれない。

そうでなくても、普通ネットワークビジネスのようなマルチは成果主義なので、自分が実績を出した分だけ報酬が得られるビジネス。

なので、組織のリーダーたちから、檄が飛ぶなんてことはよくあるし、ストレスを抱えながら活動している人だっているだろう。

そうなってくると、「もうオーバートークでも何でも成果出せば楽になれる」って暴走するメンバーが出てもおかしくはない。

全ては、相手の事をよく考えた交渉が出来ていなかったのだ。結果的にやり方が強引だったわけなんだ。

うわ~ぁ、まるでセールスマンの営業会社と一緒じゃん!

ヒビちゃんが現在行っているネットワークビジネスは、なんかノンビリしてるぞー。(爆)

全てが自由だから、自分で時間や行動の管理ができないとダメだ。

誰からも指示されず、自分の目標やライフスタイルに合わせてコツコツ活動する。

まさに大人のビジネスだ。もちろん活動で分からない点や情報やノウハウなどは聞いてくれれば、いくらでも詳細にアドバイスが受けられる。

数字を追いかけてピリピリしていたって、何が楽しいかね?

think

少なくても私はそんなビジネスは嫌いだね。

やはり、対話やコミュニケーションが大事なわけだ。これがよく取れていれば同じ勧誘行為でも、相手は良く受け取ってくれる。

だから、勧誘が「しつこい」とならずに「熱心」な活動と相手の目には映るのだ。これならクレームにはならない。

それを結果を出すことを焦るあまりに、過度に嘘をついてでも手段を択ばなくなって来ると、感情のもつれが起きてくる。

相手はとても嫌な思いをしたり、恐怖を感じたり、怒りを覚えたりといった負の感情が蔓延する。

コミュニケーションは、好きになってもらう第一歩!

351699

コミュニケーション力って、よくちまたでは叫ばれている。たしかにそのような心理的なテクニックやポイントがあることは否定しない。

でもね、人と人は真心とか気持ちが相手のために言った言葉で、相手の心にはささるものだ。

テクニックとか○○のライセンスをいくら取得したからといっても、その人は仏や神じゃないのだ。

そんな資格などなくても、常に相手の事を思い、心底相手の立場に立った言葉と言うものは深く人の心に刻まれるもの。

つまり、その相手が好きか嫌いか?

恋愛と一緒で、相手のことが好きになれば、相手のマイナスは見えないし、また目立たないもの。

ところが嫌いな人だと、やたら相手の嫌なところばかりが見えてくる。

そういうもんですよね、人間ってさ。

SNSなどで活動しているとわかりやすいのが、まさにコレ!

いかにまともな事や素晴らしい事を言っている人でも、全員がファンになるわけではない。

また、どんなに気まぐれで自由気ままに生きているわがままなあくの強い人にだって、「それが良い!」と言ってくれるファンは存在するのだ。

人と人とのつながりは複雑で面白い。「ええ!あの人がこの人とつながってるの?」なんていう奇妙な関係性が垣間見えるのもSNSという媒体かもしれない。

ヒビちゃんは人間が好きなので、最近は人と人のつながりが楽しく出来る場所ばかりに出入りするのだが、そういうふうに人というものを観察していくのも面白いかも。

 

人と人がつながれば、出来る事ってたくさんあるはずだ!

私が言いたいことは、勧誘を行っても嫌われる人、好かれる人との差ってコミュニケーションの深さであり、何よりも相手にあなたが好きな人間と思われているってことが大事なことだ。

これで、勧誘自体も「熱心だ、熱い人だ!」と思われるか、「しつこい!通報してやる!」と思われるか決まってしまう。

どうせならば、「熱心で熱い人だ!ああいう人はオレ好きだな~」と思われたいでしょ?

ヒビちゃんも「しつこい!」とは思われたくないねー。だから求められなければ、私は勧誘はしないんだ。

 

勧誘しなくても、素敵な仲間が集まる方法

 

シェアしてくださると、小躍りしちゃいます!

★好評サービス

告知・宣伝用1分動画を作成します 動画で自分のサイトやサービスを宣伝したい人