生活習慣の改善で老化スピードを遅らせるポイントとは?

こんにちは、今日の晩ご飯のメニューを考えてる、のほほん自由人のヒビちゃんです。

ふだんは主夫やってる私。でも、学校の同窓会に行く機会とかもあるんだよね。

私は50代ですが、もうすっかり老け込んで「お爺さん」になってる人がいてショックだったりする。

でも、一方で

えぇ、なんなんだぁ!この人はぁぁぁ!
まだ、40代位にしか見えない・・・!

そんな人まで凄い違い・・・、親子ほどの見た目の違いに驚くばかり。

ほぼ同じ年齢のはずなのに、どうしてなんだろう。

実際、老化の速度って人によって大きく違うみたいですが、それはなぜ?

 

老化スピードを決めるのは、生活習慣だった!

Print

あなたもご存知だろうが、老化って細胞レベルでは生まれた直後から始まっている。

ただ、若い頃は機能の低下した細胞が取り除かれ、新しい細胞が補充されて組織としての機能を保つ。

なので、表面にあらわれるような老化現象は若いころは感じない。

でも、加齢と共に細胞を取り替えるスピードが遅くなり、取り替えること自体が難しくなってくる。

そうすると、組織の機能が低下して徐々に老化が進行していくのだ。

だから、加齢とともに老化は避けられない。ちょっとショックですよね?でも、老化のスピードを遅くすることは出来るんだ!

老化のスピードは生活環境によって変わるそうで、たとえば日本だと40歳だとまだ働き盛りだし、老け込む年齢じゃない。

でも、アフリカの原住民のある部族では、平均寿命が45歳でもうかなりの老体なのだそうだ。

だから、生きることは環境によって、長くも短くもなるそうだ。私たちは生まれた直後から温度、光、音など様々な環境因子にさらされる。

人は酸素を吸って、二酸化酸素を排出しながら食べ物を分解し、そこから得たエネルギーを利用して活動しているよね。

この時、同時に様々な老廃物が生まれ、中には活性酸素という有害な物質も含まれるし、食べ過ぎや脂肪・糖分の摂りすぎでも、活性酸素はたくさん作り出されてしまうんだ。

若いからと大丈夫と、食べすぎや飲みすぎなど油断して、不摂生していると、老後に大きく「ツケ」がまわってくるのだと心得よう。

fat

老化というと、どうしても高齢者が注目されがちだが、年齢とともに出てくる病気予防のためにも30代くらいから老化スピードを遅らせる努力が必要らしい。

え??30代から老化を意識しなけりゃダメ?

そう、その通り!なぜなら、30代のはずが健康診断で「身体はもう還暦を超えています」なんて知らされたらショックじゃない?

少しでも健康的に若さを保つためには、身体の内外に影響する生活習慣を改める必要があるんだよね。

その為に出来ることは、やっぱり運動が良いそうだ。

やはり加齢で血行が悪くなりやすく、肌に酸素や栄養を運んでくれる血液の流れが悪くなるので、肌が酸素不足、栄養不足になってしまうそうだ。

まずは、血流アップで体中に栄養を届かせること!

食べるものにも、少しは気をつけたいもの。老化防止という点では大豆やトマト、ゴマ、いわし、スキムミルク、アーモンド、わさび、発酵食品。

これらには、一般的にビタミンEが含まれ、抗酸化作用によって身体を錆びつかせないので毎日摂りたい食品だ。

スナック菓子、ファーストフード、これらは身体を酸化させる資質も多く、栄養が少ないジャンク食品。

食べ過ぎると身体を錆びつかせてしまうのだ。これらは「美味しい」と脳に認識させてしまう成分が含まれており、習慣化するので要注意だ。

運動不足や加工食品の摂りすぎは、肌の新陳代謝が遅れ、新しい細胞を作る力が落ちてしまうそうで肌の色もくすんでしまう。

肌にたまった老廃物や汚れを運び出す働きを担うのは血液とリンパ液の役目。

でも、血流が悪くなると皮膚の細胞自体が栄養不足になって、ターンオーバーが遅れ古い角質が残ってしまい、透明感のないくすんだ肌になってしまうんだ。

女性の年齢って、「美魔女」と言われる人たちが目立つほど推察しにくいものだが、同窓会なら自分とほぼ同じ年齢なので歴然と差がついてしまう。

女性は老け込むと同窓会から足が遠のく・・・、その気持ちも分かる気がする。でも、どうせなら同窓会に参加するのが楽しみになるくらいの若さを保ちたいよね。

 

負担の少ない運動、若返りにウォーキングがおススメ!

walk

やはり、ランニングのような激しい運動だと、足腰を故障させてしまうなど、けっこう持続が難しくリスクがある。

だから、ゆっくりでも可能で運動効果の高いのは大変シンプルながら、ウォーキングがおススメだ。

ええ?ただ歩くだけ~~?
飽きて続けられないんじゃない?

と思う方が多いのではないかと思います。これが意外と面白いんです。

長続きさせるコツは、多くの人がランニングやウォーキングをしているような場所のコースを選択することだ。

そうすると、みなが頑張っているので、ついつい自分も頑張ってしまう。そして、良い刺激にもなるものだ。

私もウォーキングを最近始めたのですが、まだ辞めないで続けられているのは良い習慣になってるし、実際にすでに数キロ体重も落ちているのだ。

ウォーキングは有酸素運動なので、内臓脂肪が減って脂肪がつきにくい体質になるそうだから頑張って続けたいね。

慣れてきたら、徐々に距離を伸ばしてみたり、歩きのスピードを上げていくと良い。

実際に毎日続けていくと、身体がその刺激に慣れてくるのだ。

だから負荷をかけていく事でおなかまわりの余分な肉もとれてウエストが締まるそうだ。

同時に、そのような良い習慣を続けていく事で、細胞レベルで老化の速度を遅らせることが可能。あなたも是非取り入れて欲しい。

中高年のおじさんは、おなかに肉がついて、かっこが悪いだけでは済まない。

231035

身体の不調や老化スピードも進ませてしまうので、ビジネス同様真剣に取り組む必要があるよね。

ウォーキングがこんなにアンチエイジング効果がある運動だったなんて驚きだよね。

でも、実際に歩くことで筋肉もついてくるので引き締まって見た目も若くなった気がするよ。

ビジネスも健康も継続が力!
実年齢マイナス10歳を目指そう!

 

シェアしてくださると、小躍りしちゃいます!

★好評サービス

告知・宣伝用1分動画を作成します 動画で自分のサイトやサービスを宣伝したい人