習慣を改めるだけで、あなたの悪い感情は封印出来る!

こんにちは。悪い感情って、たまには抱きがちだよね。

いろいろな感情が渦巻くのが人間だと思うヒビちゃんです。

たとえば嫌いな上司にグチグチ文句を言われたら、「くっそー、あんな上司、左遷されればいいのにー!」とか思ったりしたことない?

くっそー!自分で何もせんくせに、文句だけは一人前じゃ!

仕事のできない上司に一方的に文句を言われるような時、理不尽な出来事が世の中には多くある。

自営業だって、わがままな顧客の要望に我慢して従うことだって出てくるだろう。

誰にだって、ビジネス上で腹の立つ事やむかついた経験があると思う。

今日語りたいのは、それでも、このような悪い感情は自分にとっても、同僚にとっても、顧客にとってもプラスにならないという事だ。

プラスにならないことは分かっても、人である以上やっぱり感情はある。

私たちは、ある意味仏やキリストじゃないから、感情を爆発させることだってある。むしろそれが人間というものだ。

じゃ、どうすれば良いんだよー!!

そう思うかもしれないね。これから語ることは、その悪い感情をどうやってコントロールして、あなた自身が時間を無駄にせず、価値的にあなたのビジネスを推進すれば良いのかを伝授するよ。

よく理不尽な目に遭って、感情を爆発しがちな方には是非読んでみて欲しい。

悪い感情を封印するために行う習慣とは?

key

このように誰にもプラスにならない悪い感情を封印するために、他人に対していくつプラスの言葉を与えられるか、1日の目標数を設定しよう。

そうすることで、仕事に対する本質的な取り組み方が劇的に変わるんだ。

なんせ他人を見たら、良いところ、優れたところをいつも探すようになるのだから。

すぐに、あるいは遅くとも数日中には間違いなく、その効果が出ると思う。

あなたがプラスの言葉しか周りの人たちに言わなくなると、周りの人もあまりマイナスの言葉を言わなくなるんだ。

これは、家庭でも効果抜群で、妻や子どもたちの良い面や、優れた点をほめ続けていると、あなたにも家族は文句を言わなくなり、次第にねぎらいや感謝の言葉をあなたに発するようになる。

そうしていけば、家庭や職場の人間関係もきっと改善されていくはずだ。

そうやってそれを続けていけば、それが当たり前になり、良い習慣となるんだわ。

私たちは、どうしてもその日の不愉快な出来事に目を向け、良いことは忘れてしまいがちだ。

だから、毎日相手の良いところや優れたところを注意深く観察することで、相手の良いところがいろいろと見えてくるようになる。

あなたのビジネスの進展にも、きっと良い成果となって表れるはずだ。

そうやってトレーニングしていくべ、「あなたが来店してくれたので良い日になりました。ありがとうございます。」とか「お待ちいただき、ありがとうございました。」という感謝の言葉も自然と口から出るようになる。

この習慣によって、その日に経験した良いことを積み重ねるようにあなたの思考はプログラムされるだろう。

きっと、このトレーニングによって、あなたの考え方の傾向性は大きく改善されることだろう。

不愉快な出来事に目を向けず、良いことに着目してほめろ

120185

不愉快な出来事ばかりに目を向け、その状況に不満を言い、そのようなことについて話し、くどくどと考えていたら、不幸で不愉快な人間になってしまうんだ。

思考は現実化するので、不幸で不愉快なことをさらに引きつけてしまうのだ。

不愉快な出来事の影響を受けないよう、自分を律してそのような出来事を振り払い、その日に気持ちよく関わった人たちに目を向けたら、前向きで気持ちのよい人間になれる。

昇進に関連性が深い要素は何か、という問いに対する統計や研究が行なわれたことがあるそうだ。

それによると、その答えのわずか15%がスキルまたは才能に関する要素で、残りの大部分である85%は物事に対する姿勢が関係しているという回答だったのだ。

では、物事に対する姿勢として、愚痴や文句といったマイナス要素をピックアップする人よりも、感謝や喜びといったプラス要素をピックアップ出来る人のほうが昇進するに値する人であることに間違いない。

優れた顧客サービスの交渉者になろうと努力することで、さらにプラスで生産的な姿勢になる。

あなたが自分自身を、このようなプラスの習慣をつけることは、ビジネスを成功させる上でも、とても重要だと言えるようだ。

dance2

さぁ~!プラスで行こうぜーぃ!!

 

シェアしてくださると、小躍りしちゃいます!

★好評サービス

告知・宣伝用1分動画を作成します 動画で自分のサイトやサービスを宣伝したい人