中高年が在宅で不労所得を得て、自由に生きる方法!

こんにちは、中高年どまんなか世代の主夫、自由人のヒビちゃんです。

あなたは、今の仕事が好きかな?

「はぁ?何言ってるんだ、すぐにでも辞めたいよ!」

admin-ajax

そう即答される方も少なくないでしょうね。 毎日ウキウキしながら、会社に通っているサラリーマンなどあまり聞いたことがないからね。

中高年なら、責任は重いがそれに見合った給料はもらっていない人が多い。「お金に不自由しないなら、明日にでもやめたいよ!」

これが本音だと思う。じゃあ、数年後に中高年が笑顔でリタイアするにはどうすれば良いかについてお話するよ。

興味あったら、最後まで 読んでみてね。

 

我慢するから、給料ってもらえるの?

unnzari

たいていはみな我慢して、生活のために様々な人間関係や取引先との間で、多様なストレスを抱えながら頑張っている。

それが仕事であり、その代価としてお金をもらっているんだと思っている人が多いようだ。

うちの親父もそう話していたっけなぁ。犠牲を払うから給料がもらえるんだと・・・。

でもね、それって本当かぁ? ビジネスって相手に必要なサービスや情報、ニーズのある商品を提供するから、代価としてお金がもらえるんじゃないの?

我慢料としてお金をもらっているわけでは決してない。

ですから、出来ることなら我慢せず、ストレスを抱えずにワクワクしながらビジネスしていきたいものだよね。

会社に通うサラリーマンとして、そういう理想的なビジネスを展開できる人はなかなか少ない。

サラリーマンで理想のビジネスが出来ないという人はどうすれば良いのだろうか?

会社から飛び出して事業を立ち上げても、成功できる確率はあまり高くない。

中高年の場合、もう失敗はできないから、まずリスクをかけずに最初は会社に勤めながら副業として取り組む。

そして、会社の給与を抜くような金額になったら、会社をリタイヤして自身の事業として取り組まれたら良い。

それには、会社に通いながら副業するのだから、まずは在宅で出来なければならない。

毎日コツコツ帰宅後からでも取り組め、パソコン1台あればすぐに始めることが出来るビジネスが最適だろう。

入ってくる収入は、不労所得という最終的にはあなたが働いていない時でも、勝手に毎月安定・継続して入ってくる収入を生涯受け取ることが出来れば努力のしがいもある。

つまり、普通の副業ではない。収入の質が違うんだ。

だから、将来の老後に備えて、私的年金まで構築することが可能なのが不労所得ビジネスなのだ!

でも、あなたはこう思ってないかな?「不労所得ってさ、そんなに簡単に手に入るものなのか?」ってね。

 

資金や資産がない人に不労所得は無理?

tohoho

日本は今後も少子高齢化、経済不況の続く昨今に労働をしない収入として、不労所得を築けという教えを最近はいたるところで耳にしない?

でもさ、不労所得を得るために、具体的に何をすれば良いのか手段が分からないよね?

不動産の家賃収入や株投資の配当金の収入、銀行の利息で稼げれば、ある意味不労所得になる。

でも、これはある程度、巨額の資金を持っている人でないと無理な稼ぎ方だ。

じゃあ、広告という手段で稼ぐ方法はどうだろう。あなたがお店を所持していて顧客も多く、土地も持っていれば自動販売機設置で稼いだり、駐車場設置で稼げるかも。

これも店舗とか土地という資産を持っている人だけが出来るビジネスだよね?

いずれも、中小企業のサラリーマンや生活に追われている人には、敷居が高すぎて手が届かない不労所得の稼ぎ方だよね。

実際に「オレには土地も、多くの資金もないので不労所得なんて無理だ。」なんて思ってないかい?

でも、好きな事があれば次のような稼ぎ方で収入にして、不労所得につなげる方法だってあるんだ。

それは、知識や経験を本にして売るという事。小説家で成功すれば「印税」という形で長年に渡る収入が得られる可能性があるんだわ。

今ではそれを紙媒体としてではなく、電子書籍にして売る事で安価でスピーディに作ることも出来る。

あと、情報商材を作成して販売するという事も出来るよね?情報商材というと、響きが怪しそうですがPDF、CD、DVDの体裁を問わず、知識情報が詰め込まれたもののこと。

その怪しさのために、販売数を伸ばすのは大変かもしれないけれど、クオリティーの高いものを作ることが出来ればある意味半永久的に稼いでくれる。

あとは、好きを売りにつなげる方法もある。たとえば音楽や効果音を、CDを作って売ることで書籍同様、印税による収入が見込めるよね。

単純にCDの売上だけでなく、カラオケ配信、TV、CMへの起用が決まれば、それも収入になるので、ビジネス拡大の可能性だって広がる。

確かに、才能があれば・・・、という可能性の話をしてきたけど、まだまだ普通の平凡な庶民が作れる不労所得の方法とはいえない。

だから、誰もがコツコツと積み上げることで、不労所得を作りだす方法がないのだろうか?

それは私が行うインターネットで行う在宅ビジネスで不労所得を作り出す方法が最も確実ではないかと思う。

いずれもやる気がなければ何事もなしえないが、それさえあれば方法は10年以上健全に集客を続けているノウハウがあるので何の不安もない。

少なくても私はこの方法で、3年たつ今では時間の制約を一切受けない自由人になれた。

素直に実践した人たちが、
次々と自由人として成功してほしい。

 

シェアしてくださると、小躍りしちゃいます!

★好評サービス

告知・宣伝用1分動画を作成します 動画で自分のサイトやサービスを宣伝したい人