クロスプロモーションで、ビジネスが加速する!強力なWIN-WIN戦略!

先日「クロスプロモーション」についてセミナーで学んできたヒビちゃんです。

最近は様々な知らないことを学ぶのが大好きでよく出かけている。

学校の勉強は全然好きではなかったのに、今は知識を吸収する意欲にあふれている。

知らないことを学ぶってマジ楽しいわ!

さて、タイトルの「クロスプロモーション」だが、私たちのビジネスにも十分に活用できる。

クロスプロモーションの例を出しながら、コメントさせてもらうね。

「クロスプロモーション」って何?と言う方は一度読んでみてね。

どんなビジネスにも、クロスプロモーションが使える

shake_hands

では、クロスプロモーションの実例を紹介しよう。特に営業担当の方は直接成果が収入に結びつくので大変なんだよね。

私も以前様々なセールス活動をしていたので、日々いろいろなご苦労があると思う。

今日実例として紹介するのは、会計士や税理士などのルートセールスをしているAさんだ。

Aさんは自分の担当エリアの会計士や税理士の多くが、大のゴルフ好きなのを知っていた。

この状況で、あなたは次にどういうことを考える?

自分の他に、彼らから利益を得られる企業や組織はどこだろうか?

Aさんは、この点に注目した。これがクロスプロモーションの出発点だ。

そう考えたら、彼の頭に浮かんだのが、大手のゴルフ用品店で、Aさんの住むエリアには3店舗のお店があった。

彼の担当する顧客のうち40名か50名がゴルフ好きだったので、彼はそのお店に出向き提案したのだ。

「私は会計士や税理士をはじめ、数多くのゴルフ好きの富裕層を顧客にしています。もし、一箱のゴルフボール無料チケットがございましたら、私にお譲りくださいませんか?」

こう切り出したのだ。そして必ずそのチケットを自分の顧客に渡すことを約束した。

golf

ゴルフボールは有名メーカー品であれば一箱2500円ほどの価格。お店側の損失は実際は1200円ほどになった。

でも、このようなゴルフ好きの富裕層の顧客を呼び寄せるためにかかるコストが通常どのくらいだと思う?

ポスティングチラシや広告を使って行なえば、初めて来店してもらうコストは少なくとも1人当たり3千円にはなるという。

この彼の申し出は、無料チケットを自分が配って回ると申し出た。つまり、お店側としてはわずか1200円ほどで顧客開拓のプロモーションが行えるわけだ。

そして、Aさんは通常なかなか直接会えない彼の顧客に、この無料チケットは、本人が来店しないと無効で自分の見ている前で本人にサインしてもらう必要があると伝えたのだ。

こうやって、彼は門番を突破して顧客本人に直接無料チケットを手渡していった。

お店側としては、ココでのポイントは常連客になって頂くもくろくみがあるし、ゴルフに熱心な富裕層が無料チケットだけを交換するためにお店には来ないと理解していた。

当然新製品のクラブや周辺グッズなども物色するはずだと踏んでいた。お店側としてはとても良いオファーになったわけだ。

一方で、Aさんも大きな収穫があった。彼はゴルフ好きな顧客に普通に買えば2500円はするゴルフボールを無料で配る力があった。

もし、これらの経費を請求せずに50箱を配布すれば、Aさんは結構な出費になる。彼はそのコストをかけずに無料で直接多くの顧客との売り込みに成功したわけだ。

Aさんは、直接顧客に会い良い関係を作るということが次の商談につながることを知っていた。こうして、お店もAさんも、顧客もみな大きなメリットを手に出来たわけだ。

つまり、互いにWIN-WINな関係を築けるのだ!

people

Aさんは、これを繰り返し行う事で、顧客からAさんが無料チケットを持って訪れ、必ず自分の元までやって来ることが当たり前になって来る。

Aさんは、こうやって訪問の度に門前払いされずに、毎回直接顧客に会うことが出来る。

これはセールスマンにとって、最大のアドバンテージなのだ。通常営業ではキーマンに会うまでに結構な時間がかかる。

キーマンたる顧客に毎回直接会うことが出来るようになったのは、彼の場合はゴルフボールの無料チケットを配ったから。

これがクロスプロモーションという手法だ。

gattu

不労所得が積み上がって来ると働く必要がなくなって来るので、いろいろな欲求が起きてくる。

中でも知識欲は、とても私の好奇心を満たしてくれる。

時間の自由を得られるのは、本当にかけがいのない素晴らしいことだ。

このような、これまで知らなかったいろいろな学びが得られ、人生が充実するのだ。

 

自由を得るための出発点!

 

 

シェアしてくださると、小躍りしちゃいます!

★好評サービス

告知・宣伝用1分動画を作成します 動画で自分のサイトやサービスを宣伝したい人