【特報!】隠居やひきこもりに向かう若者や中高年激増!理由はコレだった?!

こんにちは、第一線を退いて、のんびり暮らす隠居生活にあこがれる人がけっこういる同世代に突入しているヒビちゃんです。

ネットだけで完結するビジネスを展開する私にとって、なぜ第一線を退く必要があるのだ?と不思議な思いがする。

私は生涯現役で楽しく、むしろもっとパワフルに、このビジネス街道を邁進しまっせー。

そもそも隠居やひきこもりって、どういう生活なのかな。欲のない人生なの?最近若者だけでなく、中高年までが隠居のような生活を望んでいるというのは本当なのか?

大きなことをいえば、社会構造から語らなくてはならなくなるが、今回は私たちの暮らしから見つかる身近なポイントを語りながら、家にこもりたいという人たちの気持ちを語りたいと思う。

今は派手さを求めず、自分にとっての幸せを追求する時代だと思う。固い話はするつもりはないので、隠居やひきこもりに興味がわく人は、読んでみてね。

ネットビジネスで稼ぐ人は、ある意味ひきこもり?

pc2

ヒビちゃんは程度問題だと思うが、私を含めインターネットでビジネスを行いたいという人たちの多くは「おたく」であり、ある意味での「ひきこもり」願望があると思う。

このブログを読んでくれているあなただって、ある意味「ひきこもり」願望があるんだ。

中高年の人なら、誰でも体験した昭和時代、特に私が子供だった1970年代は、多くの人が会社に勤めるサラリーマンであり、奥さんは子どもの面倒を見るという明確な役割が分かれていた。

私も子供心に父親のように将来は会社に就職して、一生働くのだろうなと思っていたのだ。

それがどうだろう?今は自宅で主夫をしながら、毎日キーボードを叩いて生活を送っている。昔には想像もしなかったことが起きているのだ。

いま、会社に行っている人の中にだって、「今すぐ会社なんて辞めたい」「自由に家で過ごしたい」という「ひきこもり」願望をかかえた人たちが大勢いる。

私はある意味、外で働いていながら、それでは満足できずに不満を抱えモヤモヤしている人たちに「自由人になるチャレンジ」を促す側に立っている。

要は会社で稼ぐ給料が自宅で稼げれば、ほぼ問題はない。

ヒビちゃん、それが難しいんだよーぉぉ!!

確かにスグにそれが達成できれば、会社は要らんし、サラリーマンやOLは皆、秒速で自由人になってしまうかもしれない。

でもね、コツコツ努力すれば不可能じゃないんだ。今や身近とは言わないが、ネットを通じて実際にインターネットを駆使して、会社の給料以上の金額を毎月稼いでいる人はあちこちに存在していないかい?

ヒビちゃんは、いくつかのネットのコミュなどに所属しているが、結構な数のひとたちがそれを「生業(なりわい)」にしている人たちが多い。

そのような人たちに囲まれてビジネスをやっていると、もうそれが「普通だろ」という感じになるんだ。

でも、一歩外に出て実際に世間を見れば、平日にプラプラしている中高年って、リストラされた人とか貧乏なアルバイターとしか見てくれないと思う。

これだけ多くの人たちがネットビジネスに取り組んでいても、それが現実なのだ。

正直言えば、インターネットの利用の仕方は、まだまだ「お客様」としての使い方しかしていない人が大多数だ。

オークションでも購入者、通販でも購入者、何かの会員サービスでも参加者と仕掛ける側ではなく、仕掛けられる側としてインターネットを利用しているだけだ。

しかも、さすがに「アフィリエイト」という言葉くらいは知っているが、私のリアルで知り合った友人たちは、詳しい説明を出来る人はそんなにいない。

まあ、そういう状況だから「情報商材」「インフォトップ」「アドセンス広告」などなど、私たちが普通に使っている固有名詞だって「???」なのだ。

だから、自宅で仕事して、しかも会社に通う数倍以上の稼ぐ実績を作り出す人たちの存在など知らないか、または自分にはそんなことは到底できないと思っている。

そんなん、まるで魔法やん!

ある関西の友人に言われた一言が、すべてを物語るよね? インターネットでビジネスして稼ぐこと自体、彼には「魔法」なのでしょうね。

自宅でインターネットのビジネスで生活?中高年の自由人??

なんの仕事してるの?|゚д゚) ぁ ゃ ι ぃ・・・かも。(笑)

ネットでビジネスをしなければ、食費1万円生活!

poor

部屋を借りて住むなら、大都会は嫌だけど、お店もないような田舎暮らしは嫌だという人が多い。今はワンルーム、風呂つきでも毎月2万円台の家賃で住む部屋が見つかるそうだ。

今はいろいろな物件があるが、こういうポイントが分かる書籍はありがたい。

もう後悔しないぞ、部屋探し

都心を離れれば、山で山菜を取るような生活も不可能じゃない。そうすれば毎月の食費も1万円ほどで何とかなるようです。そしてお金は週に2日ほどバイトをすれば生活が出来る。

質素なのが気にならず、1人が好きで楽観的で貧乏生活が苦にならない若者なら、隠居の「才能」があるかもしれない。

若くして就活で疲れたり、残業で疲労した若者がもっとゆるく生活したいという思いがつのる気持ちは分かる。

今、隠居やひきこもり生活を望む人たちが増加中なのは、こうした時代を反映しているのかもしれませんね。

だが、好きで隠居生活になった人ばかりではない!

目的が見つからない、何をして良いのか分からない若者も数多くいるのだと思う。

実は最近は若者だけじゃないんだ。今は若い人だけではなく中高年隠居のような人たちも増えてきているそうだ。

以前は派遣などで働いていたのにクビにされてしまい、働き口がなく面談するも断られ続けるうちに疲れてしまった。

もういくつ面接を受けても受からないのなら、会社に行って働かなくてもちょとした短期バイトやお手伝いで収入を得て、自然と隠居生活に入ってしまおう。

そのようなパターンの方も、中高年の中でも増えてきているそうです。

ヒビちゃんは、在宅で仕事をしながらも、外部のつながりをいつも保ち続けている。この現実の世界で自己実現を目指し、突き進める喜びを味わえるネットビジネス!

ネットで完結する不労所得ビジネスならば、パソコン1台だけを手に入れれば、生涯「私的年金」が受け取れます。

自宅にこもろうが、外に出ようが、自由に自分スタイルで悠々自適になれます!

 

シェアしてくださると、小躍りしちゃいます!

★好評サービス

告知・宣伝用1分動画を作成します 動画で自分のサイトやサービスを宣伝したい人