不労所得は老後も唯一頼りになる収入、その理由を暴露します!

こんにちは、自由を愛するヒビちゃんです。^^

この自由人ヒビちゃんのブログを読んでくださっている人って、なんらかのビジネスを始めているか検討されている方が多いんだよね。

だって、私がそういう人向けにメッセージしているから。^^

不労所得についての記事も書かせてもらっていますが、ではなぜ不労所得がどなたにとっても役に立つ収入なのか?

その点にフォーカスを当ててメッセージさせてもらうね。

 

老後って、どのくらいお金がかかるのかご存知?

192264

今、20代や30代という若い皆さんも、やがて50代、60代と年齢を重ねていきます。これは生き物の宿命です。

体力だって徐々になくなっていくので、最後は外に出て働くことも出来なくなります。

ここに具体的なデータをご紹介しよう。年を取り、子供たちも巣立っていけば、夫婦二人きりになる。

いや、未婚や死別でおひとりさま世帯だって多いかもしれない。

実は、こんなデータがある。総務省統計局が出している2013年「高齢夫婦の無職世帯」のデータである。

deta1
高齢夫婦無職世帯(夫65歳以上,妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯)の実収入は214,863円で,前年に比べ実質2.3%の減少となった。可処分所得は185,006円で,実質2.2%の減少となった。消費支出は242,598円で,実質0.6%の増加となった。

 

夫婦2人の老後にかかる費用は下図のとおり。世帯当たり、老後の生活費用はなんと月々合計では平均27万2,455円かかっている!

夫婦2人でも意外とかかる生活費。1年で約327万円。 収入がなくなってから毎月これだけの出費がある。

あなたは公的年金や退職金だけで大丈夫?

しかも上の図だけを見ると収入は5万8000円ほど不足していることから、貯蓄などを切り崩して賄っていることが伺えるんだ。

老後の不安!!どなたも口にする言葉だが、
現実のデータをご覧になっていかが?

もはや公的年金はアテに出来ない!そんなことはだれもが分かっていること。

でも、それに対して対策をしっかり取れていない方が圧倒的ではないのかな?

元来、年金制度が、いわば国民にとって不労所得の代表だったハズ。でも、もはや公的年金はアテに出来ない!

だから自分のことは自分で考えないと、とんでもない惨めな老後を送ることになる。

 

不労所得って、勝手に収入が取れる仕組みなのだ!

これも当然だが、現在お勤めの会社にしても、あなたが退職をした時点から、ほとんど恩給などはなく放り出される。

その時に「こんなはずでは・・・!」と思ってもすでに遅いのだ。

アリとキリギリスの話をご存じだろうか?アリは退職後の長い人生のために、せっせと不労所得の準備をコツコツと行っていた。

一方キリギリスは「会社で給料がもらえるんだから必要ないよ」と、アリが行っていた準備をせせら笑った。

b

さて、その後キリギリスは会社を退職した後、どうなったのか・・・。そして、アリの老後は・・・?もう結末を言うまでもないよね。

189301

今ままではなくても良かったが、
今後は不労所得が必要な時代!

では、ちょっと現実をよく見つめてみてください。お金持ちの労働時間は極端に少ないものです。

自分が働くことでお金を稼ぐのではなく、他人が動くことで報酬が転がり込む仕組みを作っているのです。

労働者は、朝9時に出勤して、夜も9時まで残業する従業員の年収が500万円だとしよう。

その会社の経営者や幹部の場合は、朝11時に重役出勤。夕方5時には退社しても年収は2,000万円。

これはたとえですが、経営者と従業員では、このくらい違う。もっとも赤字の中小企業では事情は違うけど。^^;;

これを見れば分かるが、仕事の時間は半分程度でも、収入は4倍!

この差は自分が働かなくても多くの収入をもらえる仕組みを作った者と、そのシステムの元で働く者との違いなのだ。

どうですか?これでもあなたは勝手に稼げる不労所得という仕組みを作らなくても良いのかなぁ?

 

雇われで得る収入は、先が見えている!

work

テレビでよく大富豪の邸宅訪問みたいな番組がありますが、凄いお屋敷に住んでいるよね?

「あ~ぁ、オレはどんなに頑張っても一生住むことはできないわぁ」なんて思いませんかぁ?

これらお金持ちに共通する点が、実はひとつあるんだ。それは「お金」そのものよりも「お金が転がり込むシステム」を持っていることなんだ。

多くの人は、サラリーマンなどの雇われる仕事をして、その時間を切り売りして給料をもらっている。

店舗経営者の場合でも、たとえば魚屋さんはいろいろな魚を仕入れ、消費者に販売して収入を得る。

つまり、自分が働いてお金を稼いでいるわけですよ。でも、私たちが働くというのは、こういうことですよね?

このような世間では当たり前と思われるお金を稼ぎ方ですが、この一般的な収入を得る方法とは、かけ離れたことをお金持ちは行っているのだ。

それは、大富豪たちは自分が働かなくても「お金が勝手に自分に転がり込むシステム」を作り出しているのだ。

お金のある人たちは、そのような仕掛けを容易に持つことが出来る。いわばお金のなる木だ。

でも、貧乏な人たちにはそのような仕掛けを持つことはできないのか?

確かに不動産や株式などの投資はお金がなければ出来ない。リスクもあるが資産を増やすシステムにはなり得る。

でも、たった一つだけ普通の人たちが不労所得を持てる方法がある。小資金しかない人でも、富裕層になれる方法が!

それは・・・、不労所得ビジネスなのです!

詳細は私のプロフィールからから覗きに行ってくださいね。

 

シェアしてくださると、小躍りしちゃいます!

★好評サービス

告知・宣伝用1分動画を作成します 動画で自分のサイトやサービスを宣伝したい人