成功する人に熱い人が多いのはなぜか?

こんにちは、いつも体温高めの自由人。熱いおっさんのヒビちゃんです。

成功って、メラメラ情熱の炎が燃え上っていて決意の固い人たちに、成功の神様がもろ手を挙げ願いを叶えに来てくれてる気がする。

kami

私の知っている魅力ある成功者たちも、どなたも情熱があり、成功を疑わない決意の固い人たちだ。

ただし、皆が見た目メラメラと情熱を出しているタイプじゃない。当然内に情熱を秘めてる人もいるが、それぞれ成功を収めている。

今回は情熱のある人が、なぜ成功しているのかを考えてみたよ。

 

熱さは相手にエネルギーを伝えることが出来る!

power

私もたった一人でビジネスをしているわけではない。いや、ほとんどのビジネスは一人では成り立たない。

ビジネスは、それを介在する仲間や同業者、さらに顧客がいて成り立つものだからだ。

きっと成功に向かう熱い人たちって、相互に刺激し合ったり、高め合ったり、励まし合って理想のライフスタイルを叶えるため一生懸命に成長している仲間たちがたくさんいるはず。

私も幸いにも多くの人たちの応援や支援を頂いて、現在も自由人としてお仕事をさせて頂いている。とてもありがたいことだ。

私のビジネスも、完全インターネットの集客ながら、最初から励ましてくれる仲間が存在する。

特にインターネットのビジネスというと、皆さん甘く見る人が多いのか、時間の余った時に「チョチョット」やれば片手間で儲かる。

そう思って始める方がとても多いようだ。だが、これはちょっと認識を改めたほうが良い。

そう思って気軽に始めたほとんどの人が、それほど稼ぐことが出来ずに中途で辞めているからだ。

生計を立てるくらい稼いで
会社をリタイアしてやろう!

そう思って始める人が多いかもしれない。でも、途中で力尽きる・・・。

どうしてそうなってしまうのだろう。その人はそのビジネスにどれくらいの情熱を持っていたのか?おそらくその人は心底そのビジネスに熱くなれなかったに違いない。

熱い人にはエネルギーが出ていて、良い意味で他人を圧倒したり感化する勢いがある。

あなたは誰かの言葉で「出来るような気がしてきた」「元気になって、やれそうな気がする」など、元気をもらえたことはないだろうか?

私にはそのような経験がたくさんあるし、反対に他人にエネルギーを与えても来た。両方を経験しているのだ。

だから分かるんだけど、成功した先に自分の目指す理想や夢が明確にイメージ出来ている人は根拠のない自信にあふれ、ビジネスを続けることが出来る。

それが、何かボヤ~っとしていたり、先の自分の理想がイメージできない状態だと、ちょっとした壁でスグに自信を失い辞めてしまうんだ。

どんな仕事であれ、情熱を傾けられるビジネスには、必ず成果が生まれるし、続けていける楽しさがあるものだ。

 

つらいビジネスは嫌い!楽しいビジネスに人は集まる!

chigau

では、あなたに質問しよう。あなたにとって、つらいビジネスは何か?また反対に楽しいビジネスとは何だろう?

こんな質問をすると、様々な回答が返ってきそうだが、おおかた共通するのはこのような回答だった。

つらい仕事・・・やって当然と思われる仕事、ストレスの多い仕事、嫌がられる仕事、全て指示される仕事、縛られる仕事

楽しい仕事・・・感謝される仕事、ストレスのない仕事、喜ばれる仕事、全て自分で決める仕事、自由な仕事

このように、全てがまるっきり正反対になっているのだ。

あなただって、つらい仕事はイヤだろう。出来ればそんな仕事はやめてしまいたい。

しかし、それで生計を立てているのなら、簡単に辞めるわけにはいかない。

理想と現実はちがうんだよーぉ!

そうやって叫びたくなりますよね?

では、理想は理想のまま眠らせておいて、あなたの夢の中にしか出てこなくて良いの?それで、あなたの人生満足?

もし、あなたの心の中に、メラメラと燃える情熱があって、

理想や夢は、実現させるためにあるんだぁ!!

そういうエネルギーがあるのなら、今が「行動」の時なのだ!

そうしないと、あっという間に「年寄り」になってしまうぜ!!

 

あなたはホットになるか、クールで行くか?

majime

私は他人になんと言われようとも「熱く」「情熱的に」生きていく。っていうかそれしか出来んのだ。

子どものころから、うまく世の中を渡り歩くような、要領というものが全くなかった。何事も全力でぶつかり、かなり多くの失敗を経験してきた。

そういうわけで、比較的不器用な人生を生きてきた私にとっては、情熱的にホットに生きていく事で、活路を開いてきた。

才能や能力の高い人は、クールにうまく人の心理を読みながら、戦略的に成果を上げていくタイプ。

冷静に着実にことを進めていく事が出来る。ミスも少ないし、そつもない。

でも、私はそのようなクールな真似は出来ないので、不器用でも真正面から熱くぶつかって行くのだ。

だから、少なからず失敗続きの人の気持ちはよく分かる。

でもね、「は~ぁ、失敗したから、もう何やっても私はダメ」と失望して何もしなくたって、状況は少しも好転しないのだ。

むしろ、「うまくいかなかった」自分を責めずに、「うまくいった経験」を思い出し、自分に自信を持つべきだ。

自分を責めて委縮する人たちと同じくらい、失敗するタイプに多いのが、その失敗の原因を周りや他人のせいや、環境のせいにしたがる人だ。

これをやっているうちは、その人は永遠に大成出来ないのだ・・・。

自分に責任がないと思うことで、自分から逃避しているので、成功もまた逃げて行ってしまう。

だから、逆にすべてを引き受けてしまうんだ。失敗や責任も引き受けるぞという気持ちに、成功もまた引き受けてもらいにやって来るんだ。

全てを引き受けるという事は、そういうことだ。

腹を決めてビジネスをやっていく人は成功者になれる!

「自分に責任を持つ」ことで、自分に確固たる自覚も生まれ、取り組む姿勢が変わって来るのだ。

もし、失敗しても「改善するきっかけを得られた、ありがたい!」そう思って、次のチャレンジをしていけば良いのだ!

どうかな?考え方で人の人生や方向性って、どうにでも変わるという事が分かるだろうか?

 

 

シェアしてくださると、小躍りしちゃいます!

★好評サービス

告知・宣伝用1分動画を作成します 動画で自分のサイトやサービスを宣伝したい人