結果を出す人は行動の人!他人を羨むヒマあれば動いたら?

こんにちは。今日はなかなか重い腰を上げない人の話です。

耳が痛い人もいるだろうけど、真実を余すことなく語るので覚悟してくれ。

普段は多くの人にやる気と勇気を与える内容が多いんだけど、今回はちょっと辛口でズバズバ行くよー。

やっぱり行動しないとさ、結果は出せないんだよね。

え?口だけの人になりたくないって?

だったら、自分の目標に向かって行動しなくちゃね!あなたは実際に今、行動してる?

言うだけの行動のない人は、絶対にいかなるビジネスでも結果を出せないからだ。

今、手ごたえのあるような結果が出ていないということは・・・行動していないってことさ。

行動できない?思いが弱いからじゃないの?

unnzari

結果の出せない多くの人たちを見て来て、共通点がいくつか見えてきたので語ることにするよ。

共通点の一つは、思いが中途半端、いわゆる「マジ」じゃないってこと。人は正直なもので、心から願っていることって、自然と行動出来るもの。

行動までに至らない場合、そこには必ず迷いが生じていて、意思決定が中途半端な状態にある。

いつまでもその状態が続くと、様々なことに臆病になって「どうせ・・・は出来そうもないから、やめておこう」などと行動すること自体をやめてしまう。

行動する前に、自分でストップをかけている状態だ。あきらかにおかしいでしょう?

それじゃあ、始める前にもう終わってんじゃん!

具体的には、最初にアレコレ悩むタイプの人だったり、考えてから行動しようするタイプの人に多いんだ。

このような人って、だいたいまず自分で行動するのが怖いので、他人の様子を確かめた上で行動しようする。

慎重なのは悪い事じゃないけどさ、でも程度問題でしょ?

だから、どうしても事の推移を見守る分、出足が遅れる。

さらには、まわりが出来そうだから私もやろうという発想なので、自分で出来るまで頑張ろうとかいう熱い思いが中途半端なんだ。

それって、もしかすると他人にはできる事でも、自分にとっては大変なビジネスだったり、逆に誰も出来ない事、成功できないことに、あなたができる事だってあるかも知れない。

だから、誰かが出来ているから、ほとんどの人が成功しているからって、あなたが必ずそうなれる保証はどこにもない。

他人がどうあれ、自分でやってみたい!
好きなことに懸命に努力すれば良い! 

悩み続ける人って、明確な目的もおそらく定まっていない、達成期日すら決めていない。そして、コレだという確信がないので、他人が行なっているものに次々と目が向く。

あげくに、そういう人は自分で行動しているという自覚がないので、結果が出ないことを周囲の人や環境などに責任転嫁するんだ。

他人に責任を転嫁しているうちは、まず物事は成就しないのだ。ビジネスの成功はまずない!

悩む人が成功しないのは当たり前!

tohoho

何か新しいことを始めるたびに、悩み続ける人っているよね?

最初に悩み続け、考えてから行動しようする人ってなかなか行動できないんだ。

さらに悩み考えていくうちに、リスクばかりがフォーカスされていく。

悩む人の特徴として、現在の自分の実力のなさだけにフォーカスする。

だから、これから学んでいけばいいものを、自分にはスキルがない、技術がない、あげくにオーラがないとか理由にして動けない。

結局行動を起こさないまま終わってしまうんだ。

どうも、日本人は白か黒か、どちらかに色分けする習性がある。

でも、実際は「白」か「黒」以外に「グレー」という成長段階だってあるんだわ。

多くの人は、それを見ようとせずに「成功」か「失敗」以外に考えないんだ。

だから、行動を起こして思うような結果を出せなければ、失敗してそれで終わりと思い込んでいるんだね。

成功哲学では「成功」の反対語は「失敗」ではない・・・!

honnto

人が「失敗」と呼ぶ状態って、数多くの試行錯誤で導いた様々な結果であり、成功とは数多い試行錯誤の一結果に過ぎない。

成功を収めている人は、一つの結果で全てを判断しない。

結果が一つ出た時点で、全てが終わりじゃない事を知っているからね。

だから、成功哲学における本当の意味での失敗というのは、失敗を怖れて始めから何も行動しないこと、または途中で諦めてしまうことを意味する。

失敗=何も行動しないこと!
その通りだと思う。

 

あなたは何も行動せずに失敗しますか? それとも・・・?

 

 

シェアしてくださると、小躍りしちゃいます!

★好評サービス

告知・宣伝用1分動画を作成します 動画で自分のサイトやサービスを宣伝したい人