会社の人間関係に疲れた?楽しい人生にする提案聞いてみる?

こんにちは、根っからの自由人。今日は狂ったように部屋中の掃除をしていたヒビちゃんです。

あなたは会社に勤務ですか?

会社の人間関係に疲れていませんか? サラリーマンだと朝も早くから混んだ電車に無理やり乗って、会社に着く頃にはくたくたになり、仕事が始まる・・・。

そんな、毎日変わらぬパターンをお過ごしの方が多いはず。

 

会社の中でストレスをため、疲弊する正直な人たち

fuman

会社ではいろいろな職種の人がいて、新人からベテラン管理職まで揃っているだろう。

その中でうまくやっていける能力がある方は良いのですが、感受性が強かったり正義感や責任感が強い人にとっては不合理な事も起きる会社組織の人間関係は、とても神経を使うようだ。

自分の意見を堂々と言い放つことで逆に攻撃されたり、ある意味で正論が正論として通らなかったり。

不満の矛先が自分に向かって来る事もある。だから、そのような正直な人にとって、必ずしも居心地が良いものではないようなんだ。

時には大きな摩擦や、誤解によって人間関係がうまくいかなかったり、派閥が出来たり、意見を無視され、気持ちが折れる場面もあるかと思う。

ヒビちゃんは、このような世界に2年ももたなかったので、さっさと自分で商売を行う自営業の道へ進んだのだ。

自分の言いたいことも、正直な意見も言えない会社に、この先何十年も勤めるなんて、考えただけでうんざりするのでは?

じゃあ、我慢するこたぁ、
ないんじゃないの?

さっさと辞めたいところ・・・でも、家庭があるとそうもいかないよな。

辞めた途端に生活に困るようなことになる。これでは本末転倒だ。

 

会社を辞めるための3か年計画

boy

あなたが会社が大好きで、同僚ともうまく付き合えていて、定年までずーっと勤めていきたいと思っているのなら問題ない。

ぜひ生きがいを得て笑顔で働ける職場なのだろうから、辞めることなく職務を全うすれば良いのだ。

でも、多くのサラリーマンは、いろいろなことを我慢し、同僚に遠慮しながら自分を押し殺して仕事をしている。

とてもストレスを抱えていて、日曜日の夜に凄く憂うつになる。いわゆるサザエさん症候群のような感覚に陥る人が多い。

「明日、会社なんか行きたくないな~ぁ。。。」

そんな、あなたのつぶやきが聞こえてきそうです。

そんなに嫌な事を、この先何十年も続けていくと思うと、おかしくならずに退職まで持つのかなと心配になりそうな人は、悪いことは言わない。

あと数年で辞めることが出来るように、在宅で生計を立てるようにして、自由にビジネスを行うほうが良いよ。

え?そんな事は出来ないって?いいえ、出来るからあなたに提案しているんだ。

人によって、それを1年でやるのか、3年でやるのか、それとも5年でやるのかの違いがあるだけだ。

当然だが、実際に始めていなければ、今のままのサラリーマン人生が定年まで続くだけなのだ。

 

在宅ビジネスなら、自分主導でビジネス展開が可能!

affili

「もう、こんな閉鎖的な空間に時間を費やしたくなーい!」

「もうこんな煩わしい思いはたくさんだー!」

jyoushi

そう心底思われる人には、私は迷わず在宅に居ながら自分でコツコツ将来大きな不労所得を獲得出来るビジネスをお勧めするね。

このビジネスの特色は、リスクがほとんどないという点。最初から独立するのではない。

不労所得が大きく育って会社の給与を超えた段階でリタイア出来るので、リスクを負わず独立出来るビジネスだ。

ちなみにヒビちゃんは、ほぼコレで生計を立てていけるようになるまでに3年間かかっている。

私が平均かどうかは分からないが、50歳から始めた自分が3年間で、いわゆる会社などに行かなくとも自由な時間が手に入ったのだ。

あなたが仮に40歳であれば、今のままならストレスをさらに溜めて、老けた生気のない43歳になっているかも。

ほとんどの病気は、ストレスが引き金になっていると言われている。

過度なストレスを感じるような仕事は、極力自分の健康のためには辞めるべきだろうね。

この在宅ビジネスで3年、今の給与を抜けば自宅で好きなことをしながら、毎日数時間メンバーをフォローしたり、顧客にメールを送ったりするだけの毎日。

毎日遊んでいるようなものかもしれない。もちろん自分の好きなように時間が使えるので、昼寝しようが買い物に行こうが、旅行に行こうが自由なのだ。

仕事は旅先にいたって出来るし、ノートPCどころか、スマホ1台あればいろいろな仕事が出来る。

平日の昼間に生ビールだって飲めちゃうのだ。そんな自由人生活をエンジョイしたくはないだろうか?

もちろん、このビジネスはスグに独立出来るわけじゃないので、それまでは会社にいて普段通り仕事をすれば良いのだ。

嫌な会社であっても、3年間のカウントダウンが進んでいると考えれば、多少は元気も出るし、張り合いも出るというものだ。

もちろん特に生活を変える必要はない。全ては今までのままだ。

在宅で出来るビジネスだから、週末を利用したり、平日も寝る前の少しの時間をうまく使って、コツコツとインターネットで必要なことをやり続けるだけ。

他人のためじゃない!
自分の自由を勝ち取るビジネス!

 

シェアしてくださると、小躍りしちゃいます!

★好評サービス

告知・宣伝用1分動画を作成します 動画で自分のサイトやサービスを宣伝したい人