管理職になりたくない人、増殖中なのはこんな事実があった!

こんにちは、毎日自分がやりたいビジネスを志向するヒビちゃんです。

あなたは会社で管理職になってます?中高年のサラリーマンなら、部下の何人かを抱えて働いているんじゃないかな?

中には数百人の部下を従えている幹部社員の人なんかもいるかも。

 

若い世代は「管理職」望まない理由とは?

以前のサラリーマンは、みなが争うように「出世」を目指していた。ところが、今の若い世代はそれは必ずしも望んではいない。

かつては憧れだったり、ステイタスだった「管理職」という地位。

でも、現在は「管理職になりたくない」若い世代が増えていて、管理職に任命されたタイミングで「辞表を出す」という人もいるくらい。

これは、若い世代が管理職に魅力を感じていないからに他ならない。では、なぜ管理職を望まないのか?それにはいろいろなワケがある。

管理職のどこがイヤかというと、彼らの仕事ぶりがよく見えないそうだ。

それに、会社の言いなりに見えるそうで、管理職にプラスのイメージを持てない若い世代が多いようだ。

実際、会社の事務所の席にもあまりいない。会議ばかりやっている。会社幹部から呼び出されて、ヒソヒソ話をしている様子もイヤらしい。

末端の社員からすれば、不信感が募るのはもっともかも知れない。

これなら、管理職になるよりも現場で仕事している方が楽しいわ。そう、考えているんじゃないかな。

中でも、あまり現場のことを知らないとか、実際に仕事が出来ない。

「あんな仕事で給料もらうような人間にはなりたくない」と管理職になっている人のビジネス能力を冷静に分析しているようだ。

仕事の出来ない上司の部下は
イヤなんじゃぁぁぁー!!

094680

これでは、昇進する話がきたら断る、場合によっては退社する!そう腹を決める若い人も少なくないようだ。

 

管理職は、もはや羨望の的ではなくなった!

10年程前まで管理職は、サラリーマンが目指すべき目標でした。

早く管理職になって、出世街道を突き進むことが、自分の将来を明るくするものと信じていたわけだ。

以前は管理職になると、収入面や権限・役割面で一般社員との差別化が大きくあり、それだけに憧れの的にもなっていた。

ところが、最近は「管理職」って責任だけが大きくて、待遇は低い。まるで、「はずれクジ」を引いたような感じになっている所が多い。

さらに、仕事の能力が低いとなれば、「管理職」という存在価値がますます若い世代にとって低いものとなっているようだ。

中間管理職という言葉に象徴されるような、部下と幹部の間にいて苦労続き・・・そんなイメージがつきまとう。

e-type09-9.eps

さらには、健康問題もある。ストレスの多い現代社会では、いかにストレスを軽減させながら生活していくかを大事にする風潮がある。

多くの管理職は常に楽しそうに働いている人は少なく、どうしても精神的なストレスが多いイメージがある。

管理職にうつ病患者が増加しているのも事実だ。そんな管理職になりたいと思う若手の社員は少ない。

病気になるくらいなら、昇進は望まないと考えているのですな。

 

光る管理職は何をしているのか?

これまで、「管理職は地に落ちた」ような論調で話をしてきたが、きちんと会社で働く若い世代に慕われる管理職だっている。

管理職の仕事って、部下に「内緒で」行動している役割も多々あるんだよね。

例えば、人事に関する社内調整に奔走している上司はたくさんいる。

または、取引先とのトラブル対応、機密性の高い仕事を担っている場合だって多い。

いわば、若い社員の賞賛すべき仕事をうまく会社幹部が評価するよう取り計ったり、逆にまずい仕事をカバーしたり、フォローしたりもする。

けっこう縁の下の力持ち的な役割をする管理職も多いのだ。

これを若手の社員は、苦労ばかりで報われないと見てしまっていないかな?

実は、管理職がやりがいを感じる瞬間って、結構あって部下のために会社と交渉して小さな勝利感を味わっていたりもするようだ。

こんなヒビちゃんでも、ほんの数年ですが管理職を経験している。

ほとんどサラリーマン生活をしていないので、本当に少しの間ですが。

私は「管理職なんて、営業現場で頑張るのと大差ない」と思っていたが実際は毎日が苦難の連続だったな。

管理職は、現場のリーダーのように自らが「やってみせる」マネージメントでは通用しない。

多くの部下をまとめるとなると、現場のリーダーとしての行動だけでは組織が機能しなかった。

その結果、「あなたにはついていけません」と非難され、部下が離れていくという苦い経験を持っている。

そこで学んだことは「管理職になるなら、現場スキルはある程度捨てる」という点かな。

現場主義はとても大事なのだが、それだけではダメで幅の広い管理手法やノウハウも学び実践するべきだ。

これは上司とか、優秀な他社の管理職からも学ぶことが出来る。その点からも幅広い人脈構築は重要だね。

管理職として大成したいなら、職場に合わせたマネジメントの技術を磨く必要があるんだ。

あなたは社外ブレインを多く持っているかい? この社外ブレインはSNSなどのインターネットからの出会いからでも見つけることが出来る。

ネットからアンテナを張っていれば、必要な人や情報はこちらから集まってくる。これは私の経験だ。

私のスキルアップに役立つ情報や先生って、
ほとんどはネットからの人脈なんだ!

 

シェアしてくださると、小躍りしちゃいます!

★好評サービス

告知・宣伝用1分動画を作成します 動画で自分のサイトやサービスを宣伝したい人