どこがお得?電力自由化が2016年4月スタート!

電力自由化だけど、どの会社がお得なのか分からないヒビちゃんです。

「ちょっとちょっと、ヒビちゃん。こむずかしい話題なんじゃない?」そんなふうに思わなくていいよ。そんな難しいこと書けないからさ。(笑)

ネットでビジネスをしている私たちは、毎日電気を使っている。とても大事で身近な問題だから、この際取り上げてみたんだ。

それは・・・電力が自由化されるってことは、「電気料金」が取り扱う業者によって違うって事。

月々200円違っても、年間2400円の差が生じる。

だから、なに??

121267

あなたがサラリーマンなら、そう言うかもしれない。でもね、家計を預かる主婦(主夫)は違う。

あんた、そりゃ大変な節約だわさ!!

主婦(主夫)っていうのはね、大根が30円安くたって、距離の遠いスーパーまで出かけていくような人たちが多いんです。

そして、安いからってたくさん買って、結局余計に多くのお金を使かってしまう。そんなこともあるけどね。(笑)

でも、電気料金は毎月家電やパソコンやテレビを利用するために必要なお金。これが安くなるとすりゃ、目を血走らせますよ。

一体どこがお得なのぉぉぉ?

そうやって必死に探すことになるのだよ。自由かスタートは4月からということだが、今回はちょっと電気を使う私たちにもかかわって来る電気料金にまつわる各企業の取り組みを紹介するよ。

では、レッツラGO!!

電力.com  であなたの地域の供給会社を調べてみよう!

den

電力の自由化に合わせて、こんなサイトが出来ているんだ。「電力.com

この電力.comによれば、自分が住んでいる都道府県別に、電力供給企業一覧が出てくるようだ。

ちなみにヒビちゃんが住む神奈川県をみてみた。下記のような説明が書いてあったよ。

神奈川県にお住いの一般家庭の皆様が契約できる電力会社の一覧です。東京電力や東京電力エリアに供給実績のある大手PPS(特定規模電気事業者) のエネットや丸紅といった会社に加え、神奈川県に本社を置く、アーバンエナジーや日産トレーディングといった地場PPSの動きも活発です。 2016年の電力自由化以降は、 一般家庭の皆様も契約する電力会社を選べるようになります。神奈川県では、そうした家庭向けの電力自由化に先立って、2014年から2015年にかけて県の保有する 326の施設でのPPSの導入がはじまっています。東京電力からPPSに乗り換えたことによる電気料金の削減額は3億4千万となっており、そのインパクトの大きさが伺えます。 2016年の電力自由化を機に、皆様のご家庭でも神奈川県と同じように、電気料金のプランの見直しをしてみてはいかがでしょう。

う~ん、なんだか難しいことが書いてあるが、要はお得な料金を出す企業に乗り換える選択肢が出来ることは喜ばしい。

通信だって、昔の「電電公社」(懐かしい言葉)と呼んでいたお役所が牛耳っていた時代から、自由化になって今があるのだ。

たしかに自由化で企業間のサービス競争が生まれた結果、価格は確実に下がっていったからね。この電力の自由化にも期待したいね。

今後電気供給に参入する企業が続々!

company

実はあなたもよくご存じの企業が、今後続々と電気の供給サービスに参入してくる見込みだ。いま、始まっている企業だけリストアップしても、ざっとこれだけの大手企業が参入見込みだ。(2016年1月現在)

KDDI、ソフトバンク、JCOM、ローソン、東京ガス、JX、楽天など、130社が小売り事業者に登録を行なっているようだ。

さすがに市場拡大を狙う各企業も乗り遅れないように、それぞれの強みを武器に電力の小売りサービス(特定規模電気事業者)に参入しているようだわ。

すでに新料金メニューを発表した業者も10社以上ある。参入業者の数に驚かされるが、まだまだ増えそうな勢い。

ただ、多くが大口で電気を使う事業者向けで、家庭向けにサービスを供給する企業は大手で「消費者にアクセスを持っている」ところに限られるだろうね。

つまり、家庭向けの新規参入を表明している石油元売りやガス会社、携帯電話会社、ケーブルテレビ会社、コンビニなどはいずれも、消費者との接点があるよね。

こうした企業なら、契約や料金回収、さらには自社サービスとのセット割など、家庭向け小売りを進めやすい条件が揃っているので、顧客の囲い込み戦略になるのだ。

電力自由化で本当に安さは続くの?

192264

でもね、電力の自由化がそのまま、電気料金の値下げにつながるとは限らないんだよね。確かに参入企業が増えれば価格競争が起きるのは確かだけどさ。

一方では国の規制で電気料金を一定水準に抑えていた電力会社の独占時代とは違って、発電コストの高騰などがきっかけで大きく電気料金が値上がる可能性だってある。

事実、英国やドイツでは電気料金が値上がったり、新規参入業者が格安で顧客を集めた後に破綻するなどの問題も起きている。

だから、理念に賛同したとか、安いからといって、あまりにも小規模な企業を選んでしまうと体力がない分、いつまで安価な価格で運用可能なのかは未知数。採算が取れずに倒産されたら元も子もない。

いくら格安でもさ、倒産されたら困るんだよー!

今後、原油安や原発の再稼働が進むことが予想されるなどといった要因を考え、日本総研のシミュレーションによれば、少なくともしばらくは、電気料金は下がる方向に進むようだ。

楽観的に可能性だけ言えば、標準的な使用量の家庭だと2割ほど下がる可能性だってある試算があるようだよ。

それだけに、体力がある巨大な電力会社に対抗できるだけの価格競争力を持ちうるのは、やはり大手企業だ。

東京ガスや石油元売りなど、限られた巨大企業同士がしのぎを削る構図になるのかも。

でもさ、電力の自由化で仮に月に500円節約できて喜ぶより、在宅で副業出来て実際に毎月不労所得で5000円もらえるほうが嬉しくない?

私は節約するだけでなく、収入も上げてもらってダブルで喜んで頂きたいと思っている。

毎月銀行通帳を見るのが楽しみになる不労所得ビジネス!

 

シェアしてくださると、小躍りしちゃいます!

★好評サービス

告知・宣伝用1分動画を作成します 動画で自分のサイトやサービスを宣伝したい人