人が好きですか?今のビジネスやってるのは人とかかわるのが好きだから!

どうも、自由満喫中ののんびり中高年のヒビちゃんです。

あなたは人と出会ったり、お話したり、フォローや応援することが好きな人ですか?それとも一人が好きですか?

私は人とかかわりたくて、今のビジネスやってるんです!

私は子どもの頃って、極度の人嫌いだったわ。家族以外の人とあいさつが出来ないくらい、重度の対面恐怖症でしたよ。

今の私からはとても信じられないくらい変わったものです。なにせ自分自身が一番驚いているくらい。(笑)

だから、ヒビちゃんは人って絶対変われるって思っている。

変わらない人って、変える気がないか、もしくは変わろうという気持ちと行動のバランスが悪くて空回りしているからだ。

 

人とかかわるって、とてもエキサイティング!

people

現代人は人とのコミュニケーションがうまく取れない人が増えているそうだ。

インターネットやゲームなど自宅で情報を発信したり、娯楽を楽しんだり、人とかかわらなくても仕事や遊びが出来る時代。

良くインターネットを「人とかかわる機会を奪ったシステムだ」みたいなことを言う方もいるが、それは違っていると思う。

世間にはパソコンが使えない人嫌いなんてゴマンといる。それに一昔前ならいざ知らず、パソコンを使うこなす人を今は「おたく」とは言わないでしょ?

そもそもパソコンやインターネットを使うとか、使わないとかが問題なのではない。

その人の幼少期からの育ち方や、その後の生き方によって人とかかわることが好きになったり、嫌いになったりしていくのだ。

実際にどこの会社や家庭でもパソコンが存在しており、ないところはごく少数だと言われる。

こんな時代にインターネットを使っていない人などほとんどいないだろうし、ビジネスツールとして私たちビジネスにかかわる人にとって欠かせないものになっている。

インターネットを日頃から使っている全世界中の人たちが、人とのかかわりが下手だとか苦手というなら説得力があるが、決してそうではない。

むしろ、ネットでこれまでは距離が遠くて、その地に行けずに出会わなかった人とでも、いくらでも音声通話で話せたり、文字チャットで交流が出来る。

今の時代は、むしろインターネットで人との関わり合いを求めている人たちのほうが多いくらいで、世界中の人たちが多くの人とかかわりあいたいと思っている。

だいたい多数存在するSNSが多くの利用者を集めていることからも分かるように、人は多くの人たちの中から、コミュニティーを作ろうとしたり、お知り合いになっていく。

ヒビちゃんもネットからのつながりで、すでに数年間の付き合いになるようなお友達も多く出来ているからね。

今度はどういう人と出会えるだろうか?

そう、考えるだけでワクワクするのだ。

中には人づきあいがうまくて、ネットでコンサルティングを行う人たちだって大勢いるのだ。

 

人とかかわりたくない理由とは?

ng

人とかかわることの何が嫌なのか、人と関わりたくない原因を探っていくと、いろいろな要因がありそうだ。

実は、人とかかわりたくない理由って、人付き合いと同じであまりにも相手の事を気にしすぎるあまりに疲弊してしまっているのではないだろうか。

相手が自分のことをどう思っているだろうと気にしすぎて、疲れてしまう人が多いそうだ。

私の場合は自由人だし、自分軸で生きているので、人に対する気疲れもほとんどない。

さらには非難されても意味がよく分からず考えたりもしない。また、人と比べることすらしないので、何のストレスも受けないんだ。

相当の鈍感?最近「鈍感力」なんていう言葉もあるくらいだから、コレはこれでビジネスを進めていく上では必要なことかも。

そういうことは、人とかかわりたくない人って「相手の反応が気になる他人軸」から、「マイペースの自分軸」に変えるだけで、人とのかかわりで感じる気持ちが自然に変化していくんじゃないかな。

絶えず人の顔色をうかがって生きる「他人軸」で行動する人の中には、子どもの頃に親の「こうするべき」という通りにできなかった場合とか。

「こうあるべき」という親の望む人物像になれなくて「期待に応えられなかった」という後悔の気持ちが残っているそうだ。

そういう人は、期待通りにできないところや本来の「自分自身」というのを隠したり、逆にカモフラージュして良く見せようとするようです。

人はそれぞれ個性がある。裸の自分で良いんじゃない?

こんなことがコンプレックスになったり、頑張ったのにできなかった経験が劣等感につながっていくのだ。

次第に人とのかかわり合いに自信がなくなり、行き詰まってしまい自分の殻に閉じこもるようになる。

自分の行動や考えって、案外自分で決めているように見えて、実は親の「こうするべき」というルールに縛られている。いわゆる潜在意識というものだな。

この潜在意識ってやつは、なかなか厄介。ちょっとしたところに現れて、ビジネスチャンスを逃したり、機会損失につながってしまうことも多いので、この存在を普段から意識しておくといいと思うぞ。

 

人と楽しくかかわりながら、自分の夢をかなえるビジネスとは?

pp

最近多くの起業人の友人が増えてきて、よく「ビジネスで稼ぎたいと言って来る人」について話す機会があったんだ。

そうすると、面白いことに問い合わせしてくる人に共通して2つの同じようなタイプに分かれているということを感じていたのだ。

一つは「人とかかわらずに手っ取り早く即金で稼ぎたい」と言ってくるタイプ。聞くと楽してリスクを取らず稼ぎたいらしい。

もう一つは「じっくりと先を見て、会社に行きながら将来独立できる副業をしたい」という目的意識がある人だ。

前者の方には、私は次のようにアドバイスしている。

即金でお金を稼ぎたいのなら、確実にというなら日雇いアルバイトをお勧めします。ネットから即金で、しかもリスクなしで稼ぐことはかなり難しいと思いますよ。

後者の方には、私はこうお伝えしている。

コツコツと自分のメディア作りは必要ですが、それさえ作り上げれば、近い将来に不労所得で毎月安定した収入が入るビジネスがありますよ。

 

不労所得??本当にそんなことが出来るの?

疑うのは自由だが、完全在宅で集客している現実を知ったら、あなたも納得されるかもね。

 

シェアしてくださると、小躍りしちゃいます!