ネットワークビジネス(MLM)って、どんなビジネス?

ネットワークビジネスって、名前は誰でも知ってるんではないかな?まぁ、イメージは良くないビジネスだよね。

gaan

このネットワークビジネスって、アメリカ発祥のビジネスだというのは、ご存じの方も多いかもしれない。

実は、元々ネットワークビジネスというのは和製英語なので欧米人に言っても「???」となってしまう。

このネットワークビジネスは、アメリカで
「ネットワークマーケティング」
と呼ばれているのが一般的です。

ネットワークマーケティングという名前からわかるかもしれないけど、そもそもアメリカのある企業が考え出した、マーケティング手法だったわけなのだ。

ネットワークビジネスの基本的な手法って、口コミで製品の良さを伝えて、自分の紹介で友人にその製品を購入してもらうことにより、報酬が発生。

その友人もまた自分が製品を紹介し、その先の叔父に購入してもらうことで報酬が発生する。

これは一般的な小売販売と全く同じシステムですが、ネットワークビジネスの場合、叔父が購入することで、友人ばかりではなくて、その友人を紹介した自分にも報酬が入ってくるという点が、通常の販売システムと大きく違うところだ。

この形は、報酬の仕組みやビジネスの展開の仕方などは、時代とともにバリエーションが増え、今では主催企業ごとにそれぞれ特色のあるプランが提供されているだ。

 

ネットワークビジネスは訪問販売の進化形

ネットワークビジネスの起源って、アメリカの「カリフォルニアビタミン社」というビタミン剤を販売していた会社が始めたのが起源だといわれているようだ。

アメリカではその当時の弱小企業や、新規開業した多くの企業が「訪問販売」で市場開拓をしてたそうだ。

こちらから訪問し、製品を知ってもらうというのが手っ取り早い手法なので、当時のアメリカで主流だったのかもしれない。

訪問販売は、こちらからどんどん訪問して決まったエリアに広めていけるというメリットもあるんだけど、多くの販売員を抱えてしまう。

そうなれば人件費もかさみ、大量に販売できないと儲けが出ないというデメリットもあるんだよね。

そこでカリフォルニアビタミン社の創設者は「口コミ」を利用してマーケティングをしたらどうだろう?と考えたようなんだわ。

今では多くの企業が口コミの力の大きさを知り、日本でも上場企業が何らかの形で取り入れているのは知っているよね?

知らない相手から「この製品は素晴らしいので買ってください」と勧められ、一方、友人から「この製品使ってみたら凄いんだよ。

是非使ってみると良いよ」と勧められたとしたら、あなたはどちらを信用する?

やっぱり、友人から勧められた方がずっと信用力も高いし、購買意欲もわきやすいよね。

だから、その効果的な口コミの手法を取り入れ、システム化して、一つのマーケティング手法にしたのが、カリフォルニアビタミン社の創設者だったんだ。

1934年、カリフォルニアビタミン社はネットワークビジネスのシステムを使い、二人の独立したディストリビューターによって、一挙に販売規模を拡大することになったのが最初だったみたい。

その後、カリフォルニアビタミン社は社名を変え、今では日本にも支社を持つ、世界的に有名な企業にまで変貌していったわけだね。

 

なぜ「ネットワークビジネス=悪徳マルチ」になるの?

ネットワークビジネスと聞いただけで悪徳マルチとか、詐欺だというイメージを持つ方が少なくないようだね。

これにはネットワークビジネスの過去の歴史が大きく関連してるんだ。

カリフォルニアビタミン社のように大きく伸びる企業が出るとそれをまねて何とか稼ごうとする悪徳詐欺業者が出て来るんだよね。

このカリフォルニアビタミン社の手法を真似た悪徳マルチの始まりは「ホリディマジック」という会社のようです。

この会社は、ネットワークビジネスの手法を真似てはいたんだけどさ、その実態は、ディストリビューターの登録料で儲けていたようだ。

製品はサンプル程度しかなく、製品の販売をするという実態などはほとんどない会社だったわけだ。

登録したディストリビューターは、自分が利益を出し続けるためには新たなディストリビューターを紹介し、登録料を支払ってもらうしかなかったのだな。

世界初の「ねずみ講」事件って、おそらくこの会社でしょう。

ついでに「ねずみ講」というのは取り扱う製品がなくて、お金だけが動き回って、底辺の人たちのお金を頂点へ吸い上げてしまう仕組み。

だから、ねずみ講と同じと勘違いする人たちは、「上の人しか儲からないビジネスなんでしょ?」なんて言うんだわ。

その後も、数年に一度くらい、懲りずに悪徳業者がネットワークビジネスの手法を真似た金儲けをたくらみ、被害者を増やしてきた。

ネットワークビジネスのイメージが良くないのは、こうした事件の影響が大きく、社会的に悪徳マルチ事件として浸透していったのが、かなり大きな要因の一つです。

今では、以前に比べネットワークビジネスというビジネスに対する正しい知識を持つ人が増え、悪徳業者も以前ほどは簡単にだますことは難しくなったんだ。

chigau

悪徳業者とネットワークビジネスは、全然違う!

ただその分、悪徳業者は「稼ぎたい」という心理をあおることから「人情」に訴えるという詐欺に力を入れて、ありとあらゆる手法を使ってくる。

オレオレ詐欺などは多くの高齢者を今も騙し続けている。

手法も様々に姿・形を変えてアプローチしてくるので、悪徳業者には、くれぐれも注意が必要だな。

 

なりふり構わぬ強引なセールス活動が悪評に

ネットワークビジネスの評判を落としたもう一つの要因は、参加しやすいため「なりふり構わず稼ぐ」という気持ちで勝手に強引な勧誘を行って、世間の非難を浴びたことも大きいようだ。

具体的に言うと、何のためのセミナーかを告げず「一回だけ付き合ってくれ」と知り合いをセミナー会場に連れ出したり。

ネットワークビジネスのセミナーだけど、付き合いで顔を出してほしい・・・などなど。

もちろんこうした行為は法律に違反します、しかし昔はそうしたことを平然とやっていたディストリビューターも存在したんだよね。

今では特定商取引法が整備され、以前ほど法的な意識の低いディストリビューターは激減しているようだ。

各企業も法律に抵触するディストリビューターの取り締まりを強化、教育にも力を入れる時代になったようだ。

でも、以前は結構多くの方が法的なことを無視してビジネスをしていたようで、そのツケがまわっているんだよね。

それで、ネットワークビジネスのイメージが良くないと思われる方が多いんだよね。

きちんとルールを守って欲しいよね、
ビジネスなんだから!

 

ネットワークビジネスの今後

ではネットワークビジネスは評判がよくないから、将来はないのか?といえばそんなことはないようだ。

現に今でも法律を守り、正当なビジネスとして、伸びている会社は数多くあるんだからね。

ネットワークビジネス会社ランキングなどが毎年発表になりますが、毎年増収という会社も多く存在する。

そもそも違反をしてしまうようなディストリビューターが誤解をしていたのは、ネットワークビジネスは売り込みのビジネスではないということなんだわ。

アメリカではネットワークマーケティングと言うとお話しましたが、そもそもマーケティングとは、押し売りやセールスとは別物だ。

お客さんに価値を感じてもらう、あるいはお客さんに価値を提供する、その対価としてお金を支払ってもらう。

知り合いだから付き合いで何とかしてもらおうというのはマーケティングでもセールスでもないんだわ。

そもそもその考え自体が間違っているんだよね、今では多くのネットワークビジネスの企業やグループは、メンバーの教育に力を入れている。

今では勧誘方法も口コミ以外の別手法も
取り入れられ始めているんだ。

手法がどうあれ、知り合いだからと半ば強引に話を勧めれば、嫌がられたり、友情関係にヒビが入ったり、悪評が立つのは当然のことでしょ?

魅力を感じてくれる人、興味を持ってくれる人だけに伝える方法を考え、ネットワークを広げていくのが、本来のネットワークマーケティング。

手軽に参加でき、フランチャイズに比べたら、かける時間も投資も桁外れに少ない。

それなのに、安定・継続する不労所得という収入の可能性はとても大きなビジネスモデルであるということは何ら変わらないんだよね。

今後は、ますます不景気で自由のないサラリーマンやOLが、自分の自由な人生を求め、MLMの可能性を追求してくる人が増えるはずだ。

しっかりとした教育を受け、価値の提供をしてネットワークを広げることが出来れば、今後もネットワークビジネスで自由を得る人たちは増え続けていくだろうとヒビちゃんは確信しているんだわ。

ネットワークビジネスだから、という「バリア」を張るのではなく、自分が自由な人生を達成するために貢献するビジネスかどうかで判断してみると良いと思う。

世界の中で、MLMのことをオープンで話せないのは、日本くらいと言われているようだ。

そろそろビジネスの一つの選択肢として、考えてみても良いのでは?

 

ネットワークビジネスのメリット

ネットワークビジネスのデメリット

シェアしてくださると、小躍りしちゃいます!