MLMの「今がチャンス!」と言う話にチャンスなし!

ネットワークビジネスには「縁故募集」という不可思議な矛盾した誘い文句がある。これはよく考えるとおかしいと思うヒビちゃんです。

だってね、本来ネットワークビジネスって、人がたくさん集まるから稼げるのに、最初(初期メンバーとか立ち上げメンバーとかいう)のメンバーだけが凄いメリットがあるとしたら、後から入って来るメンバーって??

最初に入らないと損なの??

もし、そうなのなら、最初に人を集めたいからだよね?そんな特別な期間を設けるって、本当に提供するサービスや製品に自信があるのなら不要でしょ?

それを、わざわざ「縁故募集」とか「期間限定募集」をするということは・・・?

悪いけど、たいしたビジネスではないと思ってしまうね。

今回はMLMのスタート時によくみられる「縁故募集」のカラクリについてお話しするよ。

おいおい、ホントに「立ち上げメンバー」なのぉ?

hibi_anger

どんなビジネスでも、仕掛けは存在するが、特にMLMの場合は初期になるべく人を集めて、ビジネスの土台を作ろうとする。そこで、手っ取り早く仕掛けやすいのは「特別扱い」だ。

まだまだ草創期なので、今がチャンスだの、特別に・・・しますだの、しまいにダウンまでつけちゃうとか・・・。

しかもさ、もう立ち上げから2年も3年もたってるのに、いまだに「立ち上げメンバー」とか言ってるビジネスもある。

こんなん全然ダメでしょ!!

chigau

ビジネスってね、公平だからこそ取り組めるんだ。最初はみな同じ状態からスタートしてこそ、あなたもやりがいがあるんじゃない?

あとは、その人が目標や夢に向かって、どのくらい努力したか、時間を使ったか、創意工夫の限りを尽くしたかで差がつくものだ。

それがビジネスと言うものだよね!

仮にあなたが凄い良い「縁故募集」で参加したら、後から参加してくるダウンさんは条件が違い、リクルートに倍の努力が必要になるかも知れない。

自分が特別コースで参加したことを言わなきゃ分からんと思っても、いずれそういうことは筒抜けになるもの。

すると不公平感が出て、結局組織は崩壊していくんだ。

組織を大きくしていくためにも、ビジネススタート時にいろいろな特典の多いビジネスは、あまり繁栄していない。

本当に完成されているMLMは、スタート時から同じスタイルでいまだに同じように継続されている会社が多い。

私から見たら、それが当たり前だと思うわ。

全員公平な条件でスタートせずに、
正しい組織構築は無理なんです。

それなのに、クローズされていた情報が僅かに伝えられてきた・・・とか、そんな雲をつかむような得体の知れない隠された情報の何を信じれば良いというのだ。

全容が不明・・・ってビジネスが、MLMの立ち上げではよくありがち。でも、全容が不明ってなによー?!

トップシークレットを演出したいのかもしれないが、どこまで真実なのか分からず困ったもんだ。

そんなんで、いち早く情報を手に入れるポジションを事前登録で獲得しようって煽って来るビジネスなら、疑ってかかるべきだ。

まともじゃない・・・!

ase

冷静に考えれば、誰にだって分かるはずだ。ところが説明会などで吹き込まれると、まるで熱病に冒されたようになってしまう人が多い。美味しい話には気をつけたいものだね。

早い者勝ちでトップポジション?!正当な努力なしに?

sales

だいたい楽して大金を稼げるとか、不労所得を確保できるなんてありえませんから。

そんな感じで誘われたら、きっぱりと断ってください。それは1000%ありません!

あなたの大事なお金をなくしてしまう覚悟でおやりになるなら止めませんが。まず間違いなく損益を計上しますよー!

ビジネスを、バカにしてんのかぁぁ!!

正当な努力もなしに、早く参加しただけで最初は有利かも知れないが、永年左うちわなわけないじゃん。

どんなビジネスでも、絶えず動いていないと途絶えてしまう。

不労所得だって、フォローするくらいはしないと、全くノータッチでは不良所得はしぼんでしまう。

MLMは通常組織が出来るまでは自分が頑張る。組織が出来始めたら、自分も頑張りながらダウンの応援をする。

そして、大きな組織が出来たらメンバーのフォローに廻る。これが王道のやり方だ。

よく、「あなたは何もしなくても自動的にダウンがつきます」というありえない宣伝をしているビジネスもあるが、そんな組織が永年続くわけがないでしょう?

とにかく自分の努力なしでは、絶対に安心安定の不労所得は手に入らないと知るべきだ。

だから、腹を据えてじっくり努力しながら、生涯枯れない不労所得を獲得しないか?

 

シェアしてくださると、小躍りしちゃいます!

★好評サービス

告知・宣伝用1分動画を作成します 動画で自分のサイトやサービスを宣伝したい人