オンライン診療って何だろう?

最近ではいろいろな分野でも、インターネットの活用が進んできているようだね。

たとえば、医療の分野でもインターネットをより活用しようという流れのようだ。

でも、医療って。。。患者の様々な病状があるから、みな一律ってわけにはいかないよね?

そのようだ、実態ではあまり病状に変化のない患者さんとか、定期的に診断が必要な病状が安定した患者限定のようだ。

それでも、それらの患者さんをネット越しに診察出来ることで、ドクターも患者さん両方にとって負担が減る。

現在は気軽にスマホ動画で診察が可能になっているようだ。

スマホさえあれば、医療活動が出来る時代になったわけだね。

IT化でオンライン化は進む

オンライン医療は現在まだまだ一部の安定した症状の患者に限られる。

でも、これまでのようにすべての患者を実際に診察を行うより、はるかに診療時間が短くなっているそう。

だから、実際に診察を受ける患者にとってもメリットがあるんだね。

この診療スタイルは、当然これまでのオーソドックスな診察を行っている医院との差別化にもなる。

地域での選ばれる医院作りとしても一役を買うんじゃないかな。

予約・受付・診察・会計までをスマートフォンやパソコンを用いて行うことができる医療サービスがオンライン診療なのだ。

ビデオチャットを通じ、先生の診察を受けて処方箋・薬は自宅に届くため医院まで足を運ぶ事はない。

お互いに自宅や会社など何処からでも受診することが可能。

このオンライン診療がなかった時には、仕事や子育て、または親の介護、交通事情を理由に通院をあきらめていた患者も多くいたが、もうあきらめる必要はないのだ。

もちろんオンライン化は医療だけにはとどまらない。AIロボットやスマホの発展に伴い、小さな端末からでも様々なことが可能だ。

たとえば高齢化社会に伴い、スマホでの見守りやチェックがオンラインで可能となっている。

遠くにいる家族でも、オンラインでその様子を見守ることが出来るわけだ。

オンライン通販も発展していて、今やほとんどのものが購入できる。昔なら実際に行かなくては買えなかった馬券もネットから購入可能だ。

あの欲しかった外国のブランド品や、食べたかった有名グルメだって、なんでもオンラインで購入できる時代になったからね。

今後は何でもオンラインで進めていく事が急増するだろうね。

当然オンラインでビジネスも可能!

もちろんネットの活用は、医療の世界だけではないよね。

ビジネスでもインターネットの活用は今や常識だ。通販もオークションもネットで完結。

もちろん、お金を使う側にもお金を使わせる側にもなれる自由な媒体がインターネットだ。

あらゆるビジネスが可能になっているよね。今や本業以外で副業で稼ぐ為に利用する時代が来ているんだからね。

でも、情報商材には注意をするべきだ。第一稼ぎたい人に商材を購入させて稼げるようになる?

特に最初からだます目的で売られている情報商材には注意だ。

ちょっとしたことで、それらは見つけられる。

たとえば販売ページにある「特商法」に書かれている住所をグーグルマップで見てみよう。

ひどいものは建物がないとか、でたらめな住所になっている。

そういうのは詐欺商材決定だな!

あと、「その商材名に作者名、評判」などで検索してみよう。

過去にひどい詐欺商材を出していれば、その記事が出てくるだろう。

また、その商材自体の内容や評価を書いている記事などが出ることもあるので参考にしよう。

買うにせよ、買わないにせよ、いずれもあなた自身の自己責任であることに変わりはない。

でもね、情報商材は圧倒的に儲けるために作者が出しているものなので、購入した人がお金が儲かることはかなり少ないと思うぞ。

多くは売り手が儲かるだけだろうがぁぁぁ!!

私なら、人のやっていない分野や市場で稼げるものを探しネットで展開すると思う。

結局他人から教えてもらうノウハウや方法なんて、損失を被るか稼げてもチョットだけ。

自分でどういう視点でネットを活用すれば良いのか?そのポイントを教わるグループ力が肝心だ。

そういう点では、私が行う権利収入をコツコツ作り上げるビジネスもおススメ出来る。

 

 

ネットで相談できるグループを持つ方法!

 

 

シェアしてくださると、小躍りしちゃいます!