稼ぐのなら情熱を持て!エネルギーのない人は迫力がない!

こんにちは。ビジネスがうまく行ってない人は「情熱」が伝わってこないけど、ビジネスがうまく行ってる人って、「情熱」がビンビン伝わってくると感じたヒビちゃんです。

じゃあ、うまくいっていない人って、なぜ「情熱」が伝わらないのか?

ブログの書き方、メルマガの書き方、それとも質的な問題なのか?

おそらく、これって個人によってそれぞれ違うと思うんだけどさ、うまく行っていない人とうまくいってる人の決定的な違いは、間違いなく「情熱」が関与しているんだと思うんだ。

今回は、ビジネスを成功させるのに「情熱」がいかに重要なのかを語ろうと思う。

あなたのビジネスの成功のために、お役に立てばうれしいな。

「情熱」こそがビジネス成功にかかせない最強の武器だ!

hot

「情熱」が湧かないビジネスならば、スグに辞めたほうが良い。時間の無駄だからだ。

そうではなく、今のビジネスに「情熱」を持てるのならば、テクニックを駆使しなくても必ず伝わるはずなんだ。

テクニックを使えば、さらに強烈に伝わりやすくなるから周囲にますます響くようになる。

「まあ~、うまくいかなくても良いよ。うまくいけば、もうけもんさ」

もし、あなたがその程度の情熱でビジネスを行っているとしたら、そのビジネスで稼ぐことは難しい。

あなたは、ご自分のビジネスにどれだけ情熱を持てる?私は稼ぐためのエネルギー源は「情熱」だと思っているんだ。

ちょっと考えてみて。なぜあなたはそのビジネスをしようと思ったのか?

あなたは日常生活やビジネスにおいて、自分以外の人からエネルギーをもらったり勇気をもらったり、希望や感動を数多くもらった経験をしていないかな?

私は多くの経験を持っている。情熱の大きな人から、たくさんの希望ややる気を与えてもらった事が思い出される。

これは、ビジネスだけじゃなく、たとえば好きなアーティストのライブなどを観ると、テンションが上がって前向きな気分になれる。

スポーツ観戦で感動をもらい、自分もがんばれる気持ちにさせられることも多々あるんじゃないかな?

よし!明日からまたがんばるぞぉ!

power

このような前向きな気持ちになったことは、これまでに誰だって経験があるはずだ。

この気持ちが示す通り、「情熱」というパワーエネルギーは、人から人へと伝染していくものなのだ。

ビジネスにおいてより良い成果を達成するには、ただ何気なく仕事をしていくよりも、発するエネルギーの多さがカギを握っていると、私の経験上でも日々感じていることなんだ。

だから、私も出来るだけ高いエネルギーを持った「情熱」的な熱い人と交流するようにしているんだ。

実際に会ったりしないインターネットの世界でも、ブログ(サイト)やメルマガからだって、その発信者のエネルギーを感じることができる。

リアルでもネットでも同じこと。情熱的な熱いエネルギーを発している人たちと、多く交流し、自分も伝染してあなた自身も、夢が一杯で情熱あふれる熱い人になろう!

ビジネスで失敗する人はエネルギーが低い!

168286

私もいろいろな人たちと会って来て、どうもビジネスで成果を出せない人や稼ぎの低い人って、ほとんどが声が小さい、覇気がない、元気がなく愚痴が多くエネルギーが低い人ばかり。

そのエネルギーが低い人たちって、エネルギーが低い人同士で固まる傾向があるんだ。「類は友を呼ぶ」のだろうか。

あなたが不幸にもエネルギーが低い人たちと深く付き合っていると、自分自身のエネルギーもどんどん奪われていくこともあるので怖いんだ。

たとえば、あなたの夢を語っても「なに言ってんだ、そんな夢物語、叶うわけないじゃん!」ってな感じで速攻却下。

あなたもだんだん自信がなくなり、そのうち夢や目標を語らない人になってしまうんだ。

一方、エネルギーの高い人たちと付き合うと、「おお!それって必ず叶うから頑張ろうよ!」こんな感じであなたの夢や目標を大いに励まし、応援してくれる。

いかがかな?
180度違う対応になっているのに気がついただろうか?

このように付き合う人がどのような人なのかによって、あなたの人生も将来設計も大きく影響するのだから、友人はよく選んでいきたいものだよね。

エネルギーってね、ある意味「情熱」のことなんだ。

私自身、在宅の不労所得ビジネスで自由な生活を勝ち取っているが、できる限りエネルギーが高く熱い人と、遊んだり一緒にビジネスをするように心がけている。

あなたは愚痴の多い冷めた人になりたい?それとも自分の夢を笑顔で語れる熱い人になりたい?

あなたはどちらの人間にもなれるんだ。人生はいつでも選択だ。

初心者意識は捨てろ!そんなものは何の役にも立たない!

shoshin

私が行っているビジネスにも、毎月多くの人たちが参加してくる。

初めは誰だって初心者だから、おそらく謙虚な意味合いで「何もわからない初心者ですが、宜しくお願いします」といったご挨拶を使われる人が多い。

でもね、正直これは得策じゃない。これでは意識が「初心者」なので依存心が高くなる。

自分で探したり、切り開いていこうという気持ちが欠如して、何でも「教わろう」とする。

でも、そういった初心者意識は自然と「言葉」や「文章」ににじみ出てしまうんだ。

顧客はそのような初心者から「相談しよう」とか「サービスや商品を購入しよう」とは考えない。

どうぜ購入するのなら、多くの実績がありそうな「成功者」からサービスや商品を購入したいはずだ。

ビジネスに参加した以上、あなたはプロなのだ!

ビジネスにおいては、参加したらそれはベテランも新人も関係ない。プロの世界はそういうものだ。

たとえば、プロ野球だって、力があるから若くても起用されるし、いくらベテランでも力がなくなれば、容赦なく試合に出られなくなる。戦力外として、「クビ」になったりする。これがプロの世界。

私たちは幸い首にはならない、みな事業者同士だからね。定年もない。年齢・性別も関係ない。

だから、ビジネスでも同じなんだ。「参加したばかりだから」「新人で」「パソコン初心者で」などと言った初心者アピールをすればするほど、ビジネスにはマイナスだ。

プロがそんなことは言わない。恥ずかしく思わないといけない。

んじゃ、新人の私はどうすればいいんだよー!

そういう方もいるだろう。答えは簡単だ。「ベテラン」「成功者」の「フリ」をすればいいのだ。

「ん??フリって、どういうこと??」って思うだろうか?

身近にいるビジネス成功者の言動や、言葉、習慣、文章を真似ていくだけ。真似るだけならだれでもできる。

真似るだけなら、初心者でもできるよね?(笑)

honnto

多くの初心者は、経験がないから自信がない。自信がないと言動や文章ににじみ出るので、顧客は敏感に感じ取ってしまう。

だからこそ、初心者はベテラン成功者の真似をするだけでなく、そう思い込むことで、「自信がありそうに見える」「成功してそうに見える」

こうやって、自信のない「新人時代」を切り抜けて欲しい。私も最初から実績などなかった。でもね、新人の頃から「自信満々」な態度で諭すような文章を書いていた。

それを積み重ねていけば、本当に集客できるようになるので、本物の「自信」があなたに出てくるわけだ。

そうやっていくことで、気がつけばエネルギーや情熱が豊富な熱い人に変身していることだろう。

成功するために、スタートダッシュは非常に肝心な要素となる。

寝る間も惜しんで猛勉強して、「ここまでやったんだからうまくいくに決まっている」というバイタリティーが自信になり、情熱として初めて相手に伝わるものだ。

私も狂ったようにビジネスに邁進して、手が痛くなるくらいキーボードを叩いていた。パソコンの前で寝落ちしたことだって、一度や二度ではない。

そうやって成功への階段を上ってきたのだ。運が良かったのではない。それだけの努力を行ってきたんだ。

だから、いつまでも「初心者だから・・・」で物事から逃げているようでは、一生ビジネスで成功は難しい。

そんな言い訳だらけの人生では、誰もあなたから勇気や希望を感じることは出来ない。

あなたがビジネスで成功するということは、誰かの為に役立っているということなんだ。

自分がワクワクすることであなた自身が夢を追いかけていなければ、熱い人にはなれっこない。

マジで熱い人になろうぜ!

 

シェアしてくださると、小躍りしちゃいます!

★好評サービス

告知・宣伝用1分動画を作成します 動画で自分のサイトやサービスを宣伝したい人