あなたの抱く「不労所得」の認識は間違っている?!

こんにちは。よく「不労所得」で楽して稼ぐみたいな次元の低いことを言っている人がいます。

実は、不労所得って「働かないで所得を得る」のではなく、「働いていないような楽しい状態で収益が入る」ということだと理解しているヒビちゃんです。

え?それってどういうこと??

それを今からひもとくので、興味があったら最後まで読んでみてね。

「不労所得=働らかずに楽して収入が入る」は間違い!

img

こう私が切り出すと、きっと落胆する人がいるかも知れない。「ええ?働かないで楽して済むように、今頑張っているのにー!」そう思う人もいるかもしれない。

でも、よく考えてみて欲しい。

もし、自分の行っているビジネスで全く携わらずに、勝手にお金が入って来る・・・??

これって、普通に考えてもおかしいでしょ?

やはり、何らかのビジネスであなたが貢献しているからこその収益だと思うわけ。

私が行うネットワークビジネスでも、全くノータッチで放置していれば、最初は何もせずに不労所得になるだろうが、徐々にその金額は落ちていく。

報酬金額を落とさずに、むしろ右肩上がりにアップさせていくには、自分も生涯現役が基本だ!

自分もそのビジネスに関わり、多くの人にメッセージをしたり、メンバーフォローをしていく必要がある。

要は、その活動が「やりたくない労働」と感じるか、「楽しい日課」と感じるかの違いだ。

前者の人は、やっぱり最初に頑張っていたのが、早く自分が楽して稼ぎたいという意識が強いから、不労所得は働らかないことじゃないと聞いて、がっかりするタイプ。

でも、後者なら元々頑張ってきたのは自分のため、さらに不労所得をスケールアップするにはメンバーを育成し、多くのメンバーを増やすことと理解している。

しかも、そういう人は「楽しくて」それを行うので苦にならない。だから、継続してメンバーフォローを行なえる。

どちらが、生涯的により多くの「不労所得」を得るかはお分かりだろう。

楽しまないと「不労所得」は増えていかない

sales

私たちは、よく「楽しんでビジネスをしよう!」と口々にメンバーに声がけする。

それは「楽しまないとビジネスがうまくいかないからだ」

「楽しまないと、うまくいかない」それは、どうしてか??

だいだい「好きこそものの上手なれ」という言葉があるよね?

好きなビジネスならば、いくらでも自分なりに創意工夫が出来るし、いろいろな企画や、実際に行う事にも積極的に出来る。

失敗を恐れず、「コレをこうやったらどうなるかなぁ?」などと面白がって取り組める。

何でも積極的に行えば、そこから成果が出てくるものだ。これって、そのビジネスが好きだからだよね?

もし、ビジネス自体が苦痛で、出来ればさぼりたいなんて考えていたら、マニュアルに書いてあることしかしない。

いや、それすら行わないかもしれないよね?そんなんで成果が出ると思う?

そんな取り組みでは、
自分の情熱や熱さや迫力すらない。

168286

こんなていたらくで、人は魅力を感じてビジネス参加してくるはずがないのだ。

ビジネスというものは、いかに自分がそのビジネスに大きく関わるか?その影響力の大きさで、それに見合った報酬が受け取れる。

これはいかなる形態のビジネスでも共通している。それをあなたは十分理解する必要がある。

だから、MLMであればタイトルアップを図るとか、グループメンバーのリーダー育成や組織構築など行いながら、自らも集客活動を行うことが大事だよね。

「がんばれー!頑張れー!」って叱咤激励、口だけのアップは、メンバーからは信頼されず結局組織運営はうまくいかない。

事件は現場で起きているんだ!

hibi

だから、いつでもメンバーとともに活動するアップが信頼されるのだ。現場を知らないアップは蚊帳の外になる。

結局いやいやビジネスに取り組んでも、理想通りの成果は出せないという事だ。

それって、イヤイヤ朝早く起きて超過密な通勤電車に揺られ、一緒にいたくもない上司や部下と会社で興味の湧かない仕事を長時間やらされるサラリーマンのようなもの。

そんなサラリーマンなら、良い成果を出すことって絶対無理でしょ?

優秀なサラリーマンなら、環境はどうあれ自分が「楽しく」仕事に取り組める工夫をするはずだ。

そういうサラリーマンならば、会社の希望する成果を出すことも出来る。

これは、ネットワークビジネスだろうが、アフィリエイトだろうが、他のネットビジネスだろうが全く同じこと。

楽しめない人は、成果を出せずに終わる。

しかも、自分で試行錯誤もせず、創意工夫が足りなかったのに

「あのビジネスは、もう遅い。時代に合わない」
「このビジネスなんて稼げないよ」

などと、自分の怠慢を棚に上げて口々に非難する。

とても、見苦しいし、いさぎよくないね。

あなたには、そうなってもらいたくはない。

だから、今後副業やビジネスに取り組む時は、「楽しんで」出来る創意工夫を自分で考えてみよう。

access

どうやれば、ビジネスが自分にとって楽しく出来るのか?

この視点がない限り、どんなビジネスに取り組んだにせよ、それはうまくいかないんだ。

他人に「楽しめ、楽しめ!」って言われたって「???」になるばかり。

だから、自分が自発的に「楽しく」「面白く」ビジネスを進める智慧を出すことが、大きく稼ぐことになる。

 

 

シェアしてくださると、小躍りしちゃいます!

★好評サービス

告知・宣伝用1分動画を作成します 動画で自分のサイトやサービスを宣伝したい人