【驚愕!】節分の豆って?実は日本を二分するという事実!

2月3日は節分、ヒビちゃんは北海道生まれの道産子なので、落花生の豆まきでした。あなたはどっち?

豆まきのマメって、実は日本中ではちょうど2分されているんだ。大豆と落花生の2種類。

え?知らなかったって? じゃあ、ちょっとの間、お付きあい願おう。

豆まきに落花生が使われたのは北海道から!

daizu

北海道、東北、信越地方などでは、節分といえば落花生が当たり前。

スーパーでも落花生が並ぶのが当たり前だったのが、東京に来て大豆を煮たものを使うと聞いて驚いた。

伝統的には、大豆だったのにかかわらず、なぜ落花生に変化したのかは「全国落花生協会」の調べでは、「昭和30年代、北海道から」からなのだそう。

なぜ北海道?開拓文化で物事を合理的に考える道産子の人たちは・・・

「雪の中でも落花生なら拾いやすい」

「食べ物が粗末にならない」

「落花生は秋冬の豆でカロリーも高い」

などという理由があったみたい。

それが、次第に雪の多い東北や信越地方にも広がっていったようだ。

しばれるからねー、北海道や東北はーぁ。。。今は寒すぎて冬には帰省しないヒビちゃんです。^^;;

伝統的な豆まきのやり方

dentou

そうは言っても、伝統的な「豆まき」のやり方も知らないと恥ずかしい。ちょっとまとめてみた。

1.福豆を準備する

福豆とは炒った大豆のこと。豆を炒って豆まきをする夜まで、枡や三方(神様にお供えものをする器)に入れて神棚に供えておくそうだ。

2.豆まきは夜に行う

鬼は真夜中にやってくるので、豆まきは夜行なうそうだ。必ず家族全員揃ってから。

3.豆を撒くのは一家の長である主人

本来は家長の役目なのだそうだが、年男、年女、厄年の人が豆まきをする場合もある。

とはいえ、そんな厳格にせずとも「家族のイベント」という意味合いが強いので家族全員で。

4.「鬼は外!福は内!」と豆を撒く

家の玄関や窓を開けて「鬼は外!」と豆を撒く。鬼が戻らないようすぐに戸や窓を閉めて「福は内!」と部屋の中に撒く。

奥の部屋から順番に鬼を追い出すようにして、最後は玄関まで撒いていくそうだ。

基本は胸の辺りで枡を持ち、そこから撒くような感じで撒くのだそうだ。

5.最後に豆を食べよう

豆まきが終わったら、1年の厄除けを願い、自分の年齢よりも1つ多く豆を食べるそうだ。

新しい年の厄払いなので1つ多く食べるようだ。いわゆる 数え年として1つ多く食べるわけだ。

ただ、これにしても地域によって異なる場合があるようだ。

でもさ、ヒビちゃんみたいに中高年以上の人には、豆の数がちと多いよね。そういう場合は無理しなくていいのだ。

関西発?恵方巻きがここ数年で関東でも定着!

ehou

ひたすら無言で巻き寿司を食べる恵方巻きを取り入れる家庭も増えている。子どもなら、豆を食べるより、太巻きを食べたいって思うでしょ?

ヒビちゃんも恵方巻のほうがええなー。毎年食べてみたいかもー。腹持ちも良いから、夕飯替わりになりそうだしね。

「え?節分は子どもの頃から恵方巻きやでぇ」という関西の人も多いかも。

東京などでは「あれってマジ冗談かと思ってた」という人までいたのが恵方巻きだ。

この太巻きをひとり1本食べる「恵方巻き」。子どもが食べるには大っきいので、最近は子供用の恵方巻が売られているようだ。

まあ、節分は豆まきから、恵方巻きまでいろいろあるが、結局家庭の中で年中行事も「地域によって違う」だけでなく、「各家庭」によっても違うものだ。

イベントとして、楽しめればいいんじゃないの?

父や母が節分のルールブックになっているものだ。あなたの家ではどんな節分ルールかな?

 

シェアしてくださると、小躍りしちゃいます!

★好評サービス

告知・宣伝用1分動画を作成します 動画で自分のサイトやサービスを宣伝したい人