【必見!】この先、年金・医療・介護サービスは受けられない!

世間ではクリスマスでにぎわっていても、私たちの置かれている現実を知るべきと思うヒビちゃんです。

私は現在53歳ですが、10年後の国で行う社会サービスは相当貧弱なものになっていると思う。

だって、国にお金がないんだから!

ハッキリ言わないと、誰も分からないし、いつまでも経済が廻るなんてのんびりしてちゃダメだ。

あまり刺激的なことは言いたくないが、国家予算も借金で構成されていて相当やばい感じだ。今日のニュースでは国家の資金は何と3分の1が借金で構成されている。

かなりやばい状況にあるのだという事を認識して、じゃあ今から私たちが何をしていけば安心した人生を送れるのか?

じゃあ、どうすれば良いんだよ!

そんなあなたにお伝えしたいと思う。もはや興味ではなく、何とかしたいという真剣な人だけこの先を読み進めて欲しい。

 

5年先のオリンピック開催までに不労所得のベースを!

olympic

この先、税金は間違いなく値上げラッシュ!この先年金・医療・介護サービスは受けられないと思っていたほうが良い。

まともな医療や介護サービスが受けられるのは、お金を支払える富裕層だけとなる。

お金のない庶民は病気になっても負担が大きすぎて、医療機関に行けない時代が来ます。

だから、まずは病気にならないように予防に努めることが重要になるよね。

アメリカは、すでにそういう社会になっている。でも、アメリカには寄付文化やボランティア文化があるため、社会の底辺にいる人たちも何とか生きているんだ。

日本でも、震災後は助け合いや絆といったものが育ってきてはいるが、募金額にしろボランティアの数にしても、まだまだといったところ。

いま、日本政府は国債をバシバシ発行している。つまり借金をして国を運営しているのだ。

さらには、高度成長期やバブル期にガンガン作られた橋や鉄道、建物の老朽化の補修が必要で、莫大な費用が掛かる。

金がないからとほっておけば、悲惨な事故が続発するだろう。最近この手の事故は確実に増えてるからね。

税収と同額の借金をして国を運営している国って、世界でも日本くらいだそうだ。

私たちの住んでいる国は、このような状況なんです。もはやそこに頼ろうとしてはいけない。

それでも、日本には5年後に世界の祭典オリンピックがやって来る!

これは私たちにとって大きなチャンス!これに向かって企業も個人も活性化するからね。

私たちの人生の勝負どころも、おそらくココだ!

だからこそ、この5年の間にあなたがどういうビジネスを行うのか?

一攫千金も良いですが、一生涯安定して続くような不労所得を獲得できる土台を作っておく絶好の機会なんだ。

この後は一気に経済が冷え込み、労働人口の激減した国の行く末は危ういのだ。

 

オリンピックが終わると、富裕層と極貧層の2つに!

189301

あなたも、まさか国にはもうあてにしていないとは思うが、それでも本当に老後の資金が国からは1銭もない状態で生きていけますか?

いま、夫婦2人が最低限の生活をするのでも、毎月20万円で年240万円、老後60歳から80歳までとしても総額4800万円のお金がかかる。これが最低ラインです。

夫婦2人の老後は最低総額5000万円のお金がかかる。少し余裕を持って生活するには1.5倍の7500万円くらい欲しい。

会社の退職金はいくら出ると思いますか?銀行に全額預けたって、この低金利の世の中では金利だけで生活できるようにはならない。

退職金が出たとしても、数年間食べていくだけの金額で精一杯ではないだろうか。

そうなれば60歳で定年退職を迎えても、あと5年いや、10年はアルバイトなどしないと食っていけない。

足腰も弱くなり、体力も落ちてきている中で、働き口があるのは外での肉体労働しかないのだ。

あなたも見かけないだろうか、老齢になってビル工事に突っ立ってる警備員や、駅ビルなどで清掃をしているお年寄りの姿を。

明日は我が身ですぞ!

でも、その時に毎月生活するのに十分な不労所得が入る土台が出来ていればどうだろう。

そのような将来の不安は無用で、やりたいことや行きたいところへ自由に行くことが出来るだろう。

気がついたら、手遅れだった!

そういう事態にならないように、今からコツコツと積み上げて自分の将来の私的年金を作ってみてはどうかな?

私たちの不労所得ビジネスでは、誰でも出来ることを誰よりも多くこなしていけば、夢を実現させることが出来る。

あなたは日本の首都、東京で開催されるオリンピックを生で観戦する?

それとも、生活のために会場の外で警備員として働くかい?

私は全国のビジネス仲間を、東京のグルメ企画に招待したい。そして私の生きている間には、もう国内開催はないオリンピックゲームを生で観戦して感動をともに味わうのだ。

あなたも一緒にどうですか?

 

 

シェアしてくださると、小躍りしちゃいます!

★好評サービス

告知・宣伝用1分動画を作成します 動画で自分のサイトやサービスを宣伝したい人