活イカ釣堀を体験しよう!鮮度抜群でばかうま!!

函館に行ったら、ぜひとも新鮮なイカを食べてもらいたい。やっぱ究極の鮮度なら釣りたてのイカ刺しに勝てるものはないだろう!

「え?釣りたては確かに鮮度抜群だけど、わざわざ漁船に乗って釣りに行くのは・・・。」なぁ~んて思っているなら心配無用。

もっとお手軽に新鮮なイカが味わえる方法があるんだよ。

函館朝市「駅二(えきに)市場」の名物に「活いか釣堀」っていうのがある。

ココでは、その日の朝捕れたばかりのイカを釣堀から釣って、即さばいてお刺身にして味わうという市場ならでは体験ができるんだ。

「函館朝市」ってどこにある?

実際に函館といえば「朝市」とイメージする人が多いんじゃないかな。

「函館朝市」はJR函館駅からわずか徒歩1分、約3万㎡もの土地に広がる市場なんだ。

1945年頃に函館駅前で農家が野菜の立ち売りをしたのが始まりらしい。当初は野菜メインだったのが、釣れた魚を持ち込む漁師が現れ、年々規模が拡大していき、1957年に現在の場所に移転。

今もなお北海道一と呼ばれる大市場として発展を続けている市場なんだ。

北海道でも、有名な市場に一度は行ってみてもらいたい。さすが大規模市場だけあって、市場に入って驚くのはその店舗数だ。

函館朝市協同組合連合会加盟店だけで約160店舗、その他周辺店舗を含めると約280店舗が出店しているんだ。

もうね、磯の香りと市場の活気!((o(´∀`)o))わくわく気分請け合い♪

「元祖!活いか釣堀」がめちゃ興奮!

そんな大規模市場の中で、私がもっとも楽しい体験だったのが「駅二市場」にある「元祖!活いか釣り堀」だった。

当日の朝に漁港から直送されたイカを釣り、その場でさばいて刺身で味わう函館朝市の名物だ!

朝の7時すぎだったのに、もう行列ができていたので並びながら順番を待つ。並んでいる間もお客さんが釣る様子が見れるので釣り方のコツはざっとは会得できるよ。

気をつけなければならないのは、相手も生き物だということだ。

当然釣られるものかと、抵抗をするからね。水やスミをかけられて、ビショビショになるなんてことも。。。

そうならない為のコツは、イカのミミの部分(えんぺら)を狙うことらしい。

釣れたらお店がバケツを用意してくれるので、イカをバケツに入れたらお店で釣り糸を外してくれるんだ。

なので、子どもやお年寄りでも気軽にチャレンジできる。

ミミ(えんぺら)以外の部位に引っかけてしまうと、イカの足が糸に絡んでしまうらしく、反撃にあう確率が増すらしい。

それさえ気をつければ、家族連れで来て、小さな子供たちでも簡単だと思うよ。

イカのさばきは、わずか1分少々!

さすがに慣れた手つきで、イカをドンドンさばいてくれる。さばきながらもいろいろな話もしてくれた。

お店の人が言うには、年々お客が増えているとの事。そしてここまで鮮度の良いイカを食べられるのはココだけとの事。

たしかにこれだけ鮮度が良くて、美味ければ毎年このイカだけを食べに函館に来る常連もいるんだろうね。

実際イカはコリコリ感が半端ない!さらにイカのゴロ(ワタ)が最高なんだ!

味付けは醤油としょうがで食べるんだけど、もうねイカのうまみが爆発だ!

めちゃ美味い!全く臭みがなくイカのうまみ凝縮だぁぁぁ!

函館朝市にはほかにも、「どんぶり横丁市場」や函館市民がよく訪れるエリア「市民市場」など見どころも多くて一回りするだけでも、数時間はかかりそうだ。

函館観光の際は、是非とも早起きをして朝市へ行こう!

シェアしてくださると、小躍りしちゃいます!