成功者には過去は不遇だった人が多いのはなぜなの?

こんにちは、成功街道を突っ走る自由人のヒビちゃんです。

あなたは成功者になりたい? この問いかけをすれば、ほとんどの方が

当然だろ!
もちろん成功者になりたいさ!

admin-ajax

そう答えるのではないだろうか。

でも、多くの方は「成功者になりたい!」と考えているのに、いつになっても成功者になっていない人が多いのはどうしてかな?

それは成功者になりたいという思いが弱く「出来れば・・・」とか、「可能なら・・・」、「そういう機会があれば・・・」などとなっていない?

何が何でも成功者になるぞーぉぉぉ!

hot

そんな強い思いが、あなたにあれば、成功は比較的早くやってきてくれるだろう。

大部分の方は忙しい毎日の日々に流されて、成功者という姿を何となく「理想」として、ぼんやりイメージしている程度。

だから気薄になっていくのですね。ぼんやりした願望は、ぼんやりした結果しか生まないんだよね。

そんなこんなで、今年もまもなく年越しです・・・。

あなたのこの1年!悔いがない年を過ごせたかい?

 

あなたは成功者になると決めてる?

think

一口に成功者と言っても、一体どういう人なのか?あなたにはイメージできるだろうか?

もちろんこれは人によって違う。ある人は豪邸に住み外車を乗り回すことが出来る人、ある人はハワイに住み気ままに砂浜を散歩できる人。

また、ある人は東京の一等地のタワーマンションに住み、ブランド物をふんだんに身につけられる人かもしれない。

さらには、お金持ちでなくても成功者とみる人だっているでしょう。家庭に争いがなく、家族がみな健康であることが最上の幸せだと感じる人もいるだろう。

本当に成功者と一概に言っても、思い浮かべる「人物像」はみなそれぞれ違うものだよね。

だから、あなたが「これが成功者だ」という理想の姿に、自分がなることが最高で、それが成功者になるということなんだ。

他人と比べて、「あの人よりも成功している」とか比較しても、何の意味もないのだ。

 

一体どういう人が成功者になっているのか?

jump

成功者になっていく人たちを見ていると、実は最初から厳しい現実と闘っている環境下だった人が大変多い。

シングルマザーで働かないと子供を育てていけない・・・。

会社からリストラされて、再就職口が見つからない・・・。

家族が経済苦で自分が稼ぐしかない・・・。

など、屈境に立たされている人たちが大変に多いんだ。

切迫した状況下だから、わずかな時間を削ってビジネスに真剣に集中して打ち込んでいくので、成果も上がるのでしょう。

「ピンチはチャンスだ」とよく言われますが、まさにこういう事を言うのではないでしょうか。

火事場のバカ力!

人間が本当に本気で何かをやるときには、とてつもないパワーが出るものだ。

一方、環境に恵まれ、経済的に余裕がある方は、ビジネスのスピードが比較的遅く、なかなか成功者になれないケースが多い。

もちろん人によるので、必ずしもそうなるわけではないけどね。

成功する方は何が何でも「自分は成功者になるぞ!」という強い思いがある。

強い思いは現状がひどければ、ひどいほど、そこから逃れたいという強い思いが湧きあがるので、より強いパワーになるんじゃないかな?

人は何かを得たいという欲求よりも、何かを失う危機感のほうが行動力が増すそうだから。

私ヒビちゃんも、肉体労働をこれ以上続けたくない!そういう思いで必死に睡眠時間を削って、ビジネス活動してきたから今があるんだよな。

そのような過去に辛酸をなめてきた体験者ほど、ひたむきに努力出来て成功者になっていけるのかもしれないよね。

 

迷いがない人はパワーがある!

passion

思いが原動力となって、次々と壁をクリアして行く。遂にはトップにのぼりつめるということになる。

そののぼりつめる過程のその人の脳は「成功脳」になっているので、わき目もふらずに、まっすぐに成功者に向かって最短距離で走っていくそうだ。

迷いがない人は、ある意味「迷っている暇がない」のかもしれない。そんな余裕はどこにもない、やり遂げてみないとわからないと思って取り組んでいるのだ。

屁理屈言って止まっていたら、
人生終わっちまうぜ!!

このくらいの勢いで、ビジネスに取り組んでいるのだろう。私もそういう熱さで進んでいる。

迷いのない人は強い!まっすぐ目標を達成するパワーは、それが達成されるまで途切れることは決してないだろう。

辞めてしまったら、また地獄の様な毎日しか残っていないんだからね。

ですから、今の環境や状況が厳しい人ほど、成功者になれるチャンスなんだ!

環境に恵まれている人は、迷わずまっすぐに走るように気をつけていけば、成功に向かって進めるだろう。

people

大変なところから、這い上がって成功すると多くの人に勇気を与えることが出来る。

たとえば家もなくホームレスになり、公園の土管で寝泊まりしていた男が億万長者になった。

こんなストーリーならば、多くの人がどうしてそうなれたのか?多くの人が関心を向けるだろう。

でも、そのお金持ちになった理由が、たまたま拾った年末ジャンボの1等当たり券だったなんてオチならガッカリしない?

結果は同じ億万長者になったとしても、当たりくじではなくてビジネスをコツコツ積み重ねて数年たって達成した億万長者なら、断然後者に方が多くの人の共感を呼ぶだろう。

特にビジネスの場合、一文無しからお金持ちへの逆転劇を、どうやって成し遂げていったのかというプロセスが重要になるのだ。

その人の生き様や、創意工夫が垣間見れて、大変に魅力的な成功者に見られるわけだ。

これが、前者のようにたった1枚の1等の当選くじが原因なのであれば、それはだれにでも起こせるものではないので、再現性は低い。

こういう展開ならば、その人を「運が良い男」と認識されるだろうが、「成功者」とは言われない。

後者のように、数年かけてコツコツビジネスを行ってお金持ちになったのなら、誰もが「成功者」とみてくれるだろう。

もしあなたがビジネスで失敗しているのなら、それを肥やしにして成功者になれば良いだけだ!

成功は、あなたのはるか遠くにあるものではない!

成功はすぐそこに漂っている!

手を伸ばす者にしか、つかめないだけ!

 

シェアしてくださると、小躍りしちゃいます!

★好評サービス

告知・宣伝用1分動画を作成します 動画で自分のサイトやサービスを宣伝したい人